月刊アーカイブ

  • 2017 (51)
  • 2016 (58)
  • 2015 (75)
  • 2014 (75)
  • 2013 (79)
  • 2012 (71)
  • 2011 (75)
  • 2010 (104)

筆者プロフィール

名前は「たかちゃん」とか「たかじろう」などと呼ばれています。

長野県須坂市生まれですが、ここ数年は埼玉県と接している下町に棲んでいます。

この「よろずなブログ。」の他に食べ物系をメインとする「もつ焼き・オリジナル」と、PC・OS・コンピュータ全般のネタをメインとする「かけまわる子犬。」の三つを使い分けつつ継続して書き連ねています。

宜しくお願いします。






山中湖でキャンプ。

うちの会社は三年に一度リフレッシュ休暇という連続した五日間のお休みを頂けるのですが、今年は山中湖にキャンプに行くことにしました。前回リフレッシュ休暇をもらったときにはロシアに行って来ました。今年は国内。と、いうことで;-)。

で、今回利用したのは山中湖のほとりからちょっと奥まった林の中にある村営中山湖キャンプ場というところです。一泊テント一張り1,000yen、一人300yenです。でもって、今回は三泊四日にしました。
あ。このキャンプ場、予約は必須のようです。詳細についてはキャンプ場のサイトをご確認下さい。

テントサイトは林の中にあります。僕らがテントを張ったときにはこんな感じになりました。

20140704_1

管理棟の横に駐車場があり、そこから近い順にA・B・C・Dと四つの区画があります。テントサイトまで荷物を運ぶには持参もしくは量が多い場合にはリアカーで運びます。今流行のオートキャンプ場とはワケが違います;-)。
Aゾーンは比較的ラクチンですが、Dゾーンになるとリヤカーで行くのはちょっと大変でしょうかねぇ。一応キャンプサイトは全部散策して確認してきました;-)。

今回は金・土・日と三泊したのですが、土曜日はテントが五張り、日曜日は三張りと、いう、比較的のどかな状況でした。夏休みなどのトップシーズンはどうなるのでしょうかねぇf(^^;;。

あと、今回は車で行ったのですが、管理人さんには一応「オフロードバイクの場合でもテントサイトに乗り入れたらダメですか?」と聞いたのですが「ダメです。」とのことです;-)。

水場及びトイレ(水洗)な建物は掃除が行き届いていて気持ち良いくらい綺麗です。『すごいなー。』と感心させられます。

 
今回は三泊したのですが、その内、晴れた(雨の降らない)夜は一泊のみ、残りの二泊は雨の中、撤収時も雨の中で、自宅に帰って来てからテントやタープを干しましたX-|。
しかし、気温が低くて非常に過ごしやすくて僕は助かりました。避暑にちょうど良い感じでしょうかね。

 
今回はキャンプサイトの動画をちょっと載せましょうかね。本当に森の中でのテント泊になります。



自分のテントからグルッと大体270度くらいを見渡してみました。こんなAゾーンはだいたいこんな感じのテントサイトになります。

最終日は雨も降らずに静かに過ごせたのですが、このキャンプ場、虫の声が全くしないんですね。時期的にまだ早いのかなぁ? とは思うのですが、そんなことは多分なくて、場所的に富士山麓には虫がいないとか、防虫剤をまいているとか(その割にはトイレには飛ぶ虫はいた;-)、はたまた富士山大噴火? とか、周りが静かなだけに色々と思考を巡らせてしまいました;-)。

実際のところ、要因はなんなんだろ?

 
キャンプサイトから湖までは(多分)遊歩道が整備されているのでそこを10分程度歩くと出られます。車だとスルっと出られるんですけどね。

さてさて。ここを起点にして三泊。山中湖を満喫するのであります。ただ、雨だけど・・。orz

コメントが 5 件あります。山中湖でキャンプ。

コメント

HTML タグが使えます。

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">