月刊アーカイブ

  • 2017 (28)
  • 2016 (58)
  • 2015 (75)
  • 2014 (75)
  • 2013 (79)
  • 2012 (71)
  • 2011 (75)
  • 2010 (104)

筆者プロフィール

名前は「たかちゃん」とか「たかじろう」などと呼ばれています。

長野県須坂市生まれですが、ここ数年は埼玉県と接している下町に棲んでいます。

この「よろずなブログ。」の他に食べ物系をメインとする「もつ焼き・オリジナル」と、PC・OS・コンピュータ全般のネタをメインとする「かけまわる子犬。」の三つを使い分けつつ継続して書き連ねています。

宜しくお願いします。






栃木県日光市。川治温泉 薬師の湯。

今日は川治温泉に来ました。一泊の温泉旅行です。

このあとに掲載する宿に宿泊したのですが、川治温泉には「薬師の湯」という、共同浴場もあるので、今回はそこにも入りました。

北千住から東武鉄道でびゅーーんっと特急電車に乗って、そのあと野岩鉄道会津鬼怒川線に乗り川治湯元駅に着いたのは13:00前後でしょうかねぇ。温泉街を散策し、お昼を食べてからチェックイン前に温泉に入ったのであります。

20150222_1

入場料とかは最後のほうに書いておきます。
僕は、ここは今回が三回目になりますね。一回目はバイクでツーリングに行ったとき、二回目は車で来ました。で、三回目は電車で。と、いうことになりますね。

ただ、今まではずっと河原のほとりにある露天風呂に入ってみました。ここですね。

20150222_2

今回は人が入っていたので橋桁でちょうどブロックしていますf(^^;;。ここは混浴の温泉ですが、さすがに女性が入っているところは見たことがありません。中々風情があって良いのですけどね。

今回は上の写真の建物の温泉に初めて入りました。

体を洗うところと湯船はトビラで仕切られていて、湯船のある部屋は外気がガンガン入ってきて冬だと涼しいです。洗い場はトビラの中にあるのでほんわか温かい。
洗い場から左のトビラが湯船右側はサウナになっています。サウナも同じ値段で利用できます。

温泉はそんなに熱くは無いのでじっくりと入る必要があるのですが、サウナで十分に体を温めることができるので、この二つは中々良い組み合わせですね;-)。

じっくりと長い時間温泉に入っていられるのであります。

 
で、今回は電車で移動しているので、温泉から上がるとビールをグビグビぷはーーっ!! と、飲めるのも嬉しいですね;-)。

と、いうことで、そろそろホテルにチェックインできる時間です。混浴露天風呂の上を通っている遊歩道を通過し、宿に行きましょうかねぇ;-)。

 
GPSポイント: 36.893440,139.705200
営業時間: 10:00-21:00
日帰り料金: 日光市民・宿泊者 300yen/それ以外 510yen

コメントが 3 件あります。栃木県日光市。川治温泉 薬師の湯。

コメント

HTML タグが使えます。

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">