月刊アーカイブ

  • 2017 (5)
  • 2016 (58)
  • 2015 (75)
  • 2014 (75)
  • 2013 (79)
  • 2012 (71)
  • 2011 (75)
  • 2010 (104)

筆者プロフィール

名前は「たかちゃん」とか「たかじろう」などと呼ばれています。

長野県須坂市生まれですが、ここ数年は埼玉県と接している下町に棲んでいます。

この「よろずなブログ。」の他に食べ物系をメインとする「もつ焼き・オリジナル」と、PC・OS・コンピュータ全般のネタをメインとする「かけまわる子犬。」の三つを使い分けつつ継続して書き連ねています。

宜しくお願いします。






ベトナムに行って来ました。

夏休みを利用してベトナムに行ってきました。これから数回に渡り、また、他のブログを行ったり来たりしてそのときの状況をツラツラと書いてみたいと思います。

今回行ったのはベトナムのダナンとホーチミンです。日本からだとダナンには飛行機の直行便があるのですが、それは席が中々取れない飛行機なので、しょーがない。一旦ハノイのノイバイ空港に向かい、そこからトランジットで国内線に乗りダナンへ到着したのであります。

今回の旅は

成田→ハノイ(トランジット)→ダナン(三泊)→ホーチミン(一泊)→成田

という経路で実質四泊五日の旅だったのであります。

ダナンは最近ではベトナムのリゾート地として人気があるので、そこでメインに滞在し、のんびりと暑いベトナムを過ごす。と、いう感じでした。

 
まず成田からハノイのノイバイ空港に着き、入国した瞬間、入国ゲートの右側にある店舗で SIMカードを購入しました。詳細については別のブログに掲載していますのでそっちを見て頂ければと思います。

その後、国内線に乗り換えダナンに向かいます。国内線出発の前に早速ベトナムの333ビール(現地では『ビアバーバー』と発音するようです。『ビアバーバーバー』ではないことろが味噌か;-)を飲みつつ飛行機の搭乗を待ちます。

 
今回、ダナンでは『フュージョンスイーツダナンビーチ』(Fusion Suites Danang Beach)というホテルに三泊宿泊しました。目の前が海で、海に出る前に道路を渡り、その道路の先に専用プールがあります。
今回僕らが泊まった部屋はオーシャンスイートという部屋でした。
一番南側の角部屋で、東の海側に向かって開けています。まぁ、角部屋なので南にも開けていますが;-)。

このホテルは空港からは車で大体15分程度かかり、海沿いのホテル群からもちょっと離れたところにあります。まぁ、静かなところといえばそんな感じですね。

20160901_1

一番右側のガラス張りの背の高い(22階立て)建物がホテルです。

ホテルは足もみ(かっちょ良く言うと”foot Spa”というのかな)が毎日無料で45分、あります。ベトナムはきっと肩こりの無い国なのでしょうなぁ。足もみも十分に気持ち良いですが;-)。

 
部屋は大きくて真ん中にベット、海沿いのガラス窓にはテーブルとソファーとテレビ、入り口側にはシャワーが個別で広いユニットバスルームと、二段ベットのある子供部屋があり、リビングには更にキッチンとダイニングがありました。

20160901_2

ダイニングの上ところからクーラーが吹き出しているので基本的にはダイニングテーブルで過ごす機会が多かったかな;-)。

そして、ダイニングテーブルの上には水500ml二本(人数分)と南の島のフルーツが毎日置かれていました。

連泊だったのですが、タオルは毎日変えてもらえました。部屋の清掃にも毎日来てくれて、ベットを直してくれたり、掃除してくれたりと、嬉しいサービスです。

 
部屋ではWi-Fiが利用可能で利用時には認証も無いのでサクッと利用可能です。ベトナムに入国した直後に現地SIMカードを購入したのですが、部屋にこもりっきりの場合はWi-Fiで十分かも。
今回はSIM無しスマートフォン二台(一台には現地SIMを入れたので都合三台のスマートフォンを持ち込んだ。と、いうことですね;-)とタブレットのWindows10を持って行きました。Windows10はセキュリティのためSIMカードのテザリングで接続していました。

ただし、Wi-Fi及びSIMカードのデザリングで日本にメール出したらエラーで戻ってきてしまう場合がありました。ベトナムという国からのSMTP接続を受け付けない日本のメールサーバもある。と、いうことなのでしょうなぁ。それはそれでしょーがない;-)。

 
あちこちで書かれていますが、このホテルの従業員さんは非常に態度というか対応が良いですね。いつもニコニコ、日本語できるスタッフがいるし、英語も通じます。清々しい雰囲気で接してもらえるのが嬉しいですね。

『ベトナムって良い国だなぁ。』などと、思えてきます;-)。

 
プールと海についてちょっと書きますかね。

朝日は05:45頃に顔を出しました。朝の海岸には人がわんさかいます。目の前の海には漁船が浮いているので朝一番に波打ち際で市場のようなモノが開かれ、地元の人が買って帰り、観光客がその周りを野次馬のように取り囲む風景が名物っぽいですf(^^;;。

そして、波打ち際を歩く人、泳ぐひとなどがいて、日中帯よりも賑やかです。基本的にベトナムの昼間は暑いので朝と夕方・夜に海が賑やかになる傾向があります。

ホテルのプールの前に砂浜が有り、海があります。どっちに入っても良いかと思われますが、ホテルのプールはゴージャスです。ビーチマットにクッション、日傘などがあり、贅沢な気分に浸れます。僕は一回だけ行きました。

あと、海でも泳いでみました。上のほうは熱いのですが、底のほうは冷たい水です。大体1mくらい潜ると水温がガラリと変わります。底のほうで泳ぐと気持ちが良い感じでしょうかね。
足が立たなくなるその先まで行って泳いできましたが、海中はずっと砂が広がっていて水草も生えていませんでした。
海の水は大体10mくらいまでは可視性があるでしょうか。夏の江ノ島海岸よりはきれいだと思われます;-)。

20160901_3

海及びプールからの行き帰りには片側二車線の道を渡るのですが、ベトナムはバイクや車がひっきりなしに来るので大変危険です。タイミングよく渡る必要があります。が、ホテルの人が立っていて道路を渡るときにちゃんと先導してくれるので安心でず。が、気を緩めないように;-)。

 
とまぁ、第一弾はダナンのホテルについて、ツラツラと書いてみました。ほんとにダラダラと書いただけのような気がしないでもありませんがf(^^;;。

次のエントリではダナンの街並について書いてみたいと思います。とはいっても飛行場のあたりの都会的な部分ではありません。もっとローカルな部分についてです;-)。

コメントが 3 件あります。ベトナムに行って来ました。

コメント

HTML タグが使えます。

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">