月刊アーカイブ

  • 2017 (51)
  • 2016 (58)
  • 2015 (75)
  • 2014 (75)
  • 2013 (79)
  • 2012 (71)
  • 2011 (75)
  • 2010 (104)

筆者プロフィール

名前は「たかちゃん」とか「たかじろう」などと呼ばれています。

長野県須坂市生まれですが、ここ数年は埼玉県と接している下町に棲んでいます。

この「よろずなブログ。」の他に食べ物系をメインとする「もつ焼き・オリジナル」と、PC・OS・コンピュータ全般のネタをメインとする「かけまわる子犬。」の三つを使い分けつつ継続して書き連ねています。

宜しくお願いします。






ベトナム・ホーチミン散策。戦争証跡博物館。

さてさて。ベトナムダナンからホーチミンに移動し、昨日は午後からホーチミン市内をテクテクと歩き回りました。今日は観光スポットを回ろう。と、いうことで、スケジュールは サイゴン大教会 -> 戦争証跡博物館 -> ベンタイン市場 -> サイゴン川ほとり -> 街に戻って晩ご飯。と、いうような感じにしました。

ベトナムというのは共産国。と、いうのをすっかりと忘れていました。日本のお役所よりもきっちりとしていますね。入場料を徴収する観光場所はお昼時間はきっちりとお休みです。あれまっ!!お昼の時間帯に戦争証跡博物館に行ったら門が閉まっていました。午後の部開始までまだ時間が一時間以上あるので先に統一会堂を見学しました。
ここも午後の部開始までまだ時間があったので目の前の公園のベンチに座り、飲み物など飲みつつ開園を待ちます。ベンチで座っているとアイス売りのおじさんが来ますよ;-)。水が大丈夫なのか不安だったので今回は食べませんでした。

統一会堂は中に入るのに30,000ドン払います。あとは建物内部の散策です。地上四階地下二階の建物で、全てを見学すると一時間以上かかります。部屋や、その部屋での出来事、地下フロアに行くと無線機とか並んでいます。ただ、建物内を回るだけなのに、そこはかとなく面白いです。

 
さてと。次に戦争証跡博物館に向かいます。入り口で15,000ドン払い、肩にペタンとシールを貼ってもらうとイザ見学です。

この写真はお昼休みで門が閉まっているときに撮りました。

20160905_1

まずは入り口右側にあるアメリカの戦車に目を奪われますね。

20160905_2

この辺りはガルパンに出て来そうな気がしないでもないので、テンションちょっと高いです。

飛行機の部にはヘリがあってガトリング砲がこっちを向いていたりします。ランボーの世界かな?

20160905_4

でも。楽しいのはここまで。

飛行機の向こう側に、掘っ立て小屋のようなアトラクションのような建物があるのですが、んー。いっきに現実に引き戻されます。建物内に入った瞬間目の前にギロチン台。その奥は捕虜収容所のような雰囲気。写真撮って良いのかわかりませんが、とてもそんな気分になれません。
ガツンとパンチをもらったあと、その建物を出るといよいよ本館に入ります。

一応、簡単な予備知識として『英語の説明分は読まないほうが良い。』というような感じの記事を見つたのですが、写真・パネルだけでも十分に飛び込んできます。
アメリカがいかんとは言わないんだけど、戦争の悲惨さが全面に出ています。

色々な国の人が見ていましたが、色々な国の人の顔を見てみると一様に似たような、やるせないような表情をしていたのが印象的です。自分も多分、そんな顔をしていたんだろうと思うんですが・・。

 
四階に上がると写真の説明に日本語が出て来て、読みつつ進んでいきます。
僕個人的な感想としては、日本は先の大戦で負けたので直接的にはベトナム戦争には関わってない。と、いう認識だったんだけど、帰って来てからどうしてベトナム戦争が始まったのか? など、再度勉強をし直しました。

ベトちゃんドクちゃんは日本で手術した。と、いうのは僕もライブでニュースを見ていたような気がします。
枯れ葉剤の威力って、すごいというか、恐ろしいのだな。と、いうのが感じとれます。

 
さてと。どんよりとした気分をひきずったらせっかくの旅も面白くないので、ここからベンタイン市場を目指すことにしました。徒歩で移動します。途中日本にあるうどん屋さんでお昼ご飯を食べつつ、その先にある市場に行ったのでありました。

 
戦争証跡博物館に行くときは戦争の”負の部分”もしっかりと見に行きましょう。

コメントが 2 件あります。ベトナム・ホーチミン散策。戦争証跡博物館。

コメント

HTML タグが使えます。

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">