月刊アーカイブ

  • 2017 (47)
  • 2016 (58)
  • 2015 (75)
  • 2014 (75)
  • 2013 (79)
  • 2012 (71)
  • 2011 (75)
  • 2010 (104)

筆者プロフィール

名前は「たかちゃん」とか「たかじろう」などと呼ばれています。

長野県須坂市生まれですが、ここ数年は埼玉県と接している下町に棲んでいます。

この「よろずなブログ。」の他に食べ物系をメインとする「もつ焼き・オリジナル」と、PC・OS・コンピュータ全般のネタをメインとする「かけまわる子犬。」の三つを使い分けつつ継続して書き連ねています。

宜しくお願いします。






福島県南会津郡南会津町。夢の湯。

今回は塩原辺りを目指した旅に出ています。龍王峡・川治ダム・湯西川辺りを経由してR121はR400と接続しました。しかし、宿のチェックインにはずいぶん早いので、近所の他の温泉にでも入ろうかねぇ。と、いうことになりました。

それにしてもこのブログ、最近は本と温泉しかないような・・f(^^;;。

と、いうことでR121をR400の塩原方面へではなく、更に北を目指し福島県の南会津に入りました。R121からR352に入り、檜枝岐村方面を目指すのですが、国道沿いに温泉があったのでそこに入ることにしました。「夢の湯」。

山沿いの国道と川に挟まれたところにある温泉です。駐車場があるのですが、皆さん道沿いに車を止めているようですね。

男湯のほうは天然温泉で源泉かけ流しっぽい雰囲気でドバドバお湯が出ていて中々気分が良いです。
しかし、聞く所によると女湯のほうは『銭湯みたいだった。』そうです。そう考えると僕的には当りで、女性にとってはハズレだったのかな? 女湯はたまたま源泉を出し忘れたのかな?

雰囲気的は、南会津の山を散策した人が帰りに温泉に入っていくような感じで、ザックが廊下に置いてあったりします。
あと、面白いのが、貴重品をしまうロッカー、フツーは100yen円入れて、後から戻ってくるタイプのヤツですが、その値段が10yenでしたっ!! 初めて見たなぁ。10yenというのは;-)。

 
温泉施設には食堂というか、大広間もあって休めるのですが、今回は地元の人が会合を開いているようだったので利用できませんでした。お腹空いていたんでうどんなどを食べようと思っていたんですけどね。
次回はその会合にぶつからない時間帯に利用してみたいと思いますが、そもそも、会合は旅館の空き部屋を利用して、大広間はお客さんに開放すれば良いんでないかい?などと思ってしまたのでありました。

 
GPSポイント: 37.088616,139.701189
営業時間: 500yen
日帰り料金: 11:00-16:00

コメントが 1 件あります。福島県南会津郡南会津町。夢の湯。

コメント

HTML タグが使えます。

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">