月刊アーカイブ

  • 2017 (42)
  • 2016 (58)
  • 2015 (75)
  • 2014 (75)
  • 2013 (79)
  • 2012 (71)
  • 2011 (75)
  • 2010 (104)

筆者プロフィール

名前は「たかちゃん」とか「たかじろう」などと呼ばれています。

長野県須坂市生まれですが、ここ数年は埼玉県と接している下町に棲んでいます。

この「よろずなブログ。」の他に食べ物系をメインとする「もつ焼き・オリジナル」と、PC・OS・コンピュータ全般のネタをメインとする「かけまわる子犬。」の三つを使い分けつつ継続して書き連ねています。

宜しくお願いします。






奥利根水源の森でキャンプ。 (2017)

ちょっと早い夏休みを取得してキャンプに行ってきました。8月の東京は暑くて夜もぐっすり寝れないのでどこか涼しいところで三泊四日程度のキャンプ。などと思い出かけました。

今回行ったのは以前に行ったことのある無料のキャンプ場です。尾瀬のチョイ下にある、以前にも行ったことがある奥利根水源の森キャンプ場です。今回が二回目の利用ですが、前回行ったのはもう5年も前になるのですねぇ。時代の流れというのは早いモノだ・・。

 
このキャンプ場は電気・水道無し、携帯の3キャリアの電波は届かずの、かなりすごいキャンプ場です。しかし、上にも書いた通り、無料で利用できて、トイレは水洗トイレが完備されています。

注意するのは水くらいでしょうかね。下から飲水を持って行ったほうが良いでしょう。テントサイトの周りは川が流れているので食器の洗い物は川でOKかな。そもそも、上流に家がないので基本的に天然水が流れている川。と、いう発想もありそうです;-)。

電気がないのは人によって好き嫌いが別れるかも知れませんが大自然に囲まれて不要な明かりが無い。と、いうのはそれはそれで非常に良いとこかと思われます。月明かりが異様に明るく感じるキャンプサイトです;-)。

写真はトイレ。

フツーのトイレと障害者用トイレの二つがあります。どちらも水洗トイレなので綺麗です。

 
今回行ったときは僕も含めてテントが3張りで、非常にゆったりと過ごせました。ここは尾瀬に近いので混んているときは足の踏み場もないくらいに混んでいるそうですが、前回に引き続き、今回ものんびりゆったりと過ごせたのであります。行くタイミングが良いのですね。

写真はうちのキャンプサイト。

車はテント&&タープのすぐ脇に止められるのである意味オートキャンプ場のノリです;-)。

 
しかし、電気無し、携帯の電波が届かない。と、いうことで普段からネットにどっぷりと浸かっている人にとっては多分何をしたら良いか、全くやることが無く途方に暮れることでしょう。今回は三泊四日だったのですが、大体79時間くらいネットから切断された生活を送りました;-)。

僕の場合は釣りをしたり、ナタやノコギリを振り回したりと自然の中でもやることがたくさんある(自分から見つける)ので特に暇な時間はありませんでした;-)。

キャンプサイトからは川もあるし、遊歩道もあるので自然散策など、十分楽しめます。あ。虫はある程度平気。服が濡れても全然平気。と、いう人にとってはもーサイコー;-)。

 
キャンプ場から栃木県側(片品村)や群馬県側(水上市)までは車で約30分。それだけ走ると温泉があったり食堂があるので『ちょっとお出かけ。』するには良い感じです。

夏の暑さから逃れ、のんびりと過ごすにはある意味もってこいのキャンプ場です。

東京から日光・奥日光・片品村経由だと約250km、関越自動車道経由だと200kmくらいなので、どちらから行っても十分に楽しめるのであります。

龍王峡と川治ダム。

今日は塩原方面へ温泉一泊旅行です。東京を出たのは渋滞が始まる前の07:00です。ズズズと東北自動車道を進み、今市から鬼怒川温泉方面を目指し、R121からR400で塩原に入る予定ですが、途中で何箇所か観光をすることにしました。

まず訪れたのが龍王峡です。鬼怒川をメインとした渓谷で、遊歩道が整備された観光名所ですね。駅もちゃんとあります。野岩鉄道会津鬼怒川線の駅ですね。ちゃんと人もいました;-)。

駐車場から川に降りていきます。日差しは夏なんだけど、山の中の木の下及び川沿いなので何気に涼しいです。
降りた所に滝があり、遊歩道の橋がかかっており景色が風光明媚です。ただ、川の水は上流にダムがあるため、『綺麗な水』とは言い難いですね。川はやはり、上流にダムが無い川のほうが綺麗です。と、いうか、ダムの上にある川の水のほうが綺麗ですね。

雰囲気的には以前に行った「東洋のナイアガラ・吹割の滝」に似ていなくもないこともないでしょうか。まぁ、山間部の川という雰囲気とか気分的なモノだと思いますがf(^^;;。

 
龍王峡をちょっとだけ散策したあと、更に上(会津方面)を目指します。今度は途中にある川治ダムに行ってみました。
ダムマニアからすると血湧き肉躍るのでしょうかねぇ? ;-)。
水は下のほうからしか出ていなかったのですが、水の落ちるところはすごい迫力があるのだろうなぁ。と容易に想像ができるのであります。そして、資料館にも行ってみました;-)。

ダム湖は釣り禁止でした。その辺りはちょっと残念ですが、それはしょーがないかな。

しかし、ダムで『テロ対策』とか書かれている看板を見ると、映画「ホワイトアウト」を思い出しますなぁ・・。

夏の熱い日に水辺で気分だけでも涼しい雰囲気を味わいました。このあと、R121を進み湯西川の道の駅に行き、その後更に北上するのですが、この辺りは川と森・山が続いているところでホッとしますねぇ;-)。

洲崎灯台に行ってきました。

ちょっと千葉方面に旅行に行ってきました。今回は観光と温泉に入り、美味しいものを食べよう。と、いう感じです。
東京からケートブリッジ・アクアラインを通り、千葉県上陸。まずは保田漁港の漁港の施設「ばんや」で朝ご飯のようなお昼ご飯のようなタイミングで定食を食べました。

そのままR127を南下し、勝山漁港で新盛丸が港にいないことを確認し、更に南下するのであります。館山の海岸沿いの道路を進み一路、洲崎灯台を目指します。

洲崎灯台のすぐそばには早川丸の船宿があるんですよね。この船宿は何回か利用していて洲崎漁港から出港する船の上から洲崎灯台を眺めたことがあるのですが、実際に灯台に行ったのは初めてです。

 
灯台に行くための階段の下には二時間200yenの民間の駐車場があったので、そこに車を止めテクテクと階段を登っていきます。

こんな感じで灯台を見上げつつ階段を登ります。

すると、初めて行ったんだけど、見覚えのある灯台の建物及び、風景を目にするのであります。ただし、すごく静かな風景です;-)。

あー。このアングル、見たことあるなぁ。と、いう人、多いかな? AKB48 の「会いたかった」はここでロケして、みんなが踊っていた場所なんですねぇ。
と、いうことは聖地巡礼しているのか? ヲレ? みたいな状態になるのですが、そー言われると、以前那古船形駅にもきっちり行っているなぁ;-)。

 
さてと。話をもとに戻して、灯台の広場から、洲崎漁港を眺めます。普段ヤリイカ釣りに行くときは港から灯台を眺めたりするのですが、今回は逆方向の眺めです。あれ?早川丸は船一隻出てないねぇ。などと思うのですが、それはそれ。

このあと、旅の工程としては乙浜辺りを目指すのですが、野島崎灯台には寄りませんでした。

ヤリイカの釣師としては野島崎灯台のある辺りは白浜沖・布良沖・川名前などの漁場で、野島崎は漁場の名前になってないんですね。

その点洲崎灯台のある辺りは洲崎沖と呼ばれ、千葉県・神奈川県の両方に漁場が存在していて身近なのと、東京湾への入り口となる灯台でもあるので、僕的には好きな灯台です。

過去のエントリーを調べてみると、本土最東端の灯台に行っておりますなぁ;-)。

 
と、いうことで、今回の旅は洲崎灯台をあとにし、グルッと回って、白浜方面を目指すのであります。

ベトナム・ホーチミン散策。戦争証跡博物館。

さてさて。ベトナムダナンからホーチミンに移動し、昨日は午後からホーチミン市内をテクテクと歩き回りました。今日は観光スポットを回ろう。と、いうことで、スケジュールは サイゴン大教会 -> 戦争証跡博物館 -> ベンタイン市場 -> サイゴン川ほとり -> 街に戻って晩ご飯。と、いうような感じにしました。

ベトナムというのは共産国。と、いうのをすっかりと忘れていました。日本のお役所よりもきっちりとしていますね。入場料を徴収する観光場所はお昼時間はきっちりとお休みです。あれまっ!!お昼の時間帯に戦争証跡博物館に行ったら門が閉まっていました。午後の部開始までまだ時間が一時間以上あるので先に統一会堂を見学しました。
ここも午後の部開始までまだ時間があったので目の前の公園のベンチに座り、飲み物など飲みつつ開園を待ちます。ベンチで座っているとアイス売りのおじさんが来ますよ;-)。水が大丈夫なのか不安だったので今回は食べませんでした。

統一会堂は中に入るのに30,000ドン払います。あとは建物内部の散策です。地上四階地下二階の建物で、全てを見学すると一時間以上かかります。部屋や、その部屋での出来事、地下フロアに行くと無線機とか並んでいます。ただ、建物内を回るだけなのに、そこはかとなく面白いです。

 
さてと。次に戦争証跡博物館に向かいます。入り口で15,000ドン払い、肩にペタンとシールを貼ってもらうとイザ見学です。

この写真はお昼休みで門が閉まっているときに撮りました。

20160905_1

まずは入り口右側にあるアメリカの戦車に目を奪われますね。

20160905_2

この辺りはガルパンに出て来そうな気がしないでもないので、テンションちょっと高いです。

飛行機の部にはヘリがあってガトリング砲がこっちを向いていたりします。ランボーの世界かな?

20160905_4

でも。楽しいのはここまで。

飛行機の向こう側に、掘っ立て小屋のようなアトラクションのような建物があるのですが、んー。いっきに現実に引き戻されます。建物内に入った瞬間目の前にギロチン台。その奥は捕虜収容所のような雰囲気。写真撮って良いのかわかりませんが、とてもそんな気分になれません。
ガツンとパンチをもらったあと、その建物を出るといよいよ本館に入ります。

一応、簡単な予備知識として『英語の説明分は読まないほうが良い。』というような感じの記事を見つたのですが、写真・パネルだけでも十分に飛び込んできます。
アメリカがいかんとは言わないんだけど、戦争の悲惨さが全面に出ています。

色々な国の人が見ていましたが、色々な国の人の顔を見てみると一様に似たような、やるせないような表情をしていたのが印象的です。自分も多分、そんな顔をしていたんだろうと思うんですが・・。

 
四階に上がると写真の説明に日本語が出て来て、読みつつ進んでいきます。
僕個人的な感想としては、日本は先の大戦で負けたので直接的にはベトナム戦争には関わってない。と、いう認識だったんだけど、帰って来てからどうしてベトナム戦争が始まったのか? など、再度勉強をし直しました。

ベトちゃんドクちゃんは日本で手術した。と、いうのは僕もライブでニュースを見ていたような気がします。
枯れ葉剤の威力って、すごいというか、恐ろしいのだな。と、いうのが感じとれます。

 
さてと。どんよりとした気分をひきずったらせっかくの旅も面白くないので、ここからベンタイン市場を目指すことにしました。徒歩で移動します。途中日本にあるうどん屋さんでお昼ご飯を食べつつ、その先にある市場に行ったのでありました。

 
戦争証跡博物館に行くときは戦争の”負の部分”もしっかりと見に行きましょう。

ベトナム・ホーチミン散策。

ベトナムの旅も佳境に入ってきました。ダナンで三連泊し、オプションツアーでホイアンを散策した翌日、お昼の飛行機でホーチミンへ向かいます。ダナンからホーチミンは約一時間くらいで、空港出口で現地のガイドさんにピックアップしてもらいホテルに向かいました。

今回、ホーチミンで利用するホテルはアジアンホテルです。ホーチミンの街のほぼ中心にあってアクセスは良いのですが、ちょっと古くてあやすぃー建物かなぁ;-)。ダナンのホテルが良かったので余計にそう思えてきます。雰囲気的にはビジネスホテルっぽいですね。

諸々用事を済ませて外に遊びに行けたのは15:00くらい。明日帰国なのですが、飛行機は明後日の00:40くらい発なので、十分に散策する時間があります。

現地の人曰く、ちょうど今は祝日で三連休だというので道を行くバイクの量が普段よりは少ない。とのことでした。おぉ。安心して道路を渡れそうですf(^^;;。

 
今回は二日間で歩いたホーチミンの街の写真を時系列ではなく貼り付けます。

徒歩五分でたどり着いたのはサイゴン大教会です。ここも有名ですね。

20160904_1

そのすぐ横には中央郵便局があるのでセットで見学するのがコースでしょうかね。

ベトナムの街の中は本当に綺麗で、歩道が広くて『ベトナムはどこに行っても良い街だなぁ。』などと感動してしまいます。ただ、バイクが多いですがf(^^;;。
街のいたるところにゴミ箱があるので街は綺麗ですね。

このあとはドンコイ通りを散策します。暑いので噴水がばーーっと出ていて水浴びするひと、写真撮る人など、お祭り(あまり予備知識無しでホーチミンに行きました・・)の雰囲気目白押しです。良いタイミングでベトナムに来ました。

20160904_2

ビテクスコ・タワーはどこにいても良く見えます。ベロの部分はヘリポートかな?ユニークな形をしております。

ちなみに晩ご飯はここの直ぐ脇にあるお店で頂きました;-)。

20160904_3

ドンコイ通りをそのまま歩ききるとサイゴン川に出ます。川の向こうにはハイネケンの看板があるんですね。非常に目立ちます。
どうしてベトナムでハイネケンなんだろう?思うのですが、ハイネケンのラベルには星がありますね。それでですね。
であれば、サッポロビールもあってもええんでねぇけ?とか思うのですが、お店のビールの棚にはきっちりとサッポロビールも置いてあるお店がありました;-)。

夜、ドンコイ通りを歩くとますますヒートアップ。

20160904_4

このビルはなんというビルなんだろう?電飾チカチカで非常に目立つビルです。そして、ベトナムの国旗が横スクロールで表示されるのでありました。

なかなか暑い、ベトナムの夜なのでありました。

ドンコイ通りを歩くだけでも随分楽しめます。通りの横にはスーパーがあって、日用品やお土産が買えたり、脇に入るとサークルKやファミリーマートがあって、コンビニがふつーにあったりして、ホテルでいっぱいやるためののビールや食料品が手に入ります。

 
明日は23:00まで観光ができるので、『観光地』と言われるところ辺りをもう少し色々散策してみましょう。

ベトナム・ホイアン散策。

ベトナムに来ています。ダナンで休暇を満喫しているのですが、今日は夕方からホイアンへ夜の散策に行くことになってます。
今回ツアーを予約したときにオプションとして、ツアーを申し込んだ人が付けたようです。

オプションツアー用のマイクロバスがホテル前を16:20に出発しました。そして海岸沿いの道を約一時間かけてホイアンを目指します。途中お土産屋さんに寄って30分ほど店内をぶらつきます。別に買わなくとも良いです。大理石とか、その他諸々ベトナムのお土産を売っていました。

バスで移動中、ガイドさんが日本語で色々風景などについて解説してくれます。ダナンには最近様々なホテルができていて、本当に観光地と化しているんだなぁ。などと思いました。

 
マイクロバスがホイアンにだいぶ近づいたようです。ちょっと離れたところに止めて、そこから歩いて川沿いに行くようです。街の中の路地裏を今回のオプションツアー参加者はガイドさんに連れられて歩くのであります。

20160903_1

街中いたるところに提灯がぶら下がっているんですが、これは日本の影響のようですね。夜の帳が降り始めると中々良い雰囲気でした。

そして、15分くらい歩いたら川の畔にでました。川の両端にはお店がぎっしり。川はですねぇ・・。ドブの匂いがします。あらら。街には人があふれています。あらら。
中国人・韓国人が多いでしょうかね。日本人も(僕らも含めて)そこはかとなくいるようです。

20160903_2

街の風景は世界遺産だそうです。そのわりには、川がよどんでいる・・。

今回のオプションツアーは全部で五組くらい参加していたでしょうか。ホイアンの街散策と、晩ご飯が付くツアーです。晩ご飯の時間までの約30分くらいは自由散策で、街の中をあちこち歩くことができました。

ただし、行きのバスの中でガイドさんが『ホイアンで買うとフツーのところより2,3倍高いのでやめたほうが良いですよ。』との、ことでしたf(^^;;。あと、たかだか500yenのものを買うのに30yenほど値切る交渉するのがイヤなので、本当に街中を歩いているだけでしだが・・f(^^;;。

日本人橋を写真に収めるときにはちょうど人が少ないときで良かったです。

20160903_3

ホイアンで食べた晩ご飯は別のブログに書いたのでそちらを参照して頂ければと思います。

20160903_4

晩ご飯を食べ終わり、辺りがすっかりと暗くなったあと、メインの大きな橋は電気がちかちかしておりました。なんとか撮れたかな。

この橋を渡り、向こう側にある日本人町を散策して、更に川沿いを歩きホイアンの夜を満喫したのでありました。
もう少し、川が綺麗ならなぁ。と思った世界遺産でした。人が多いのはしょうがないかな。

帰りは再度バスに乗ってホテルまで戻ったのでありました。現地時間で21:15くらいにホテルに着きました。

ベトナム・ダナン散策。

ベトナムに来ていますが、今回は前回のエントリーの続きです。
タイトルは「ダナン散策」としていますが、メジャーなショッピングセンターとか川の辺りの繁華街など、タクシーで行くようなところではなく、徒歩で歩きまわった散策です。

前回のエントリーにも書きましたが、ホテルは『フュージョンスイーツダナンビーチ』で、海沿いにあり、空港や繁華街からはちょっと離れたところにあります。繁華街に行くにはホテルの前からタクシーに乗っていくのが当たり前のようですが、タクシーに乗ると、ボラれたり、価格の交渉をしなければいけないなど、ややこすぃーことが多いので、今回は自分の足で散策してみました。

 
まず、ベトナムは暑いの普段からビールが飲みたくなる。価格も安いですしね。ホテルの冷蔵庫にある缶ビールは一本50,000ドンくらい。日本円に直すと250yenくらいなので決して高くはないのですが、ホテルの近所にお店があれば、そこに買いに行くのに。と、いうことでまずはホテルから徒歩で行けるお店を発見しに;-)。

ベトナムと、いうか、ダナンは交通事情は別にして、治安が良いと思われるので地元の町中を歩いていも、僕の場合は全然平気でした。
以前に行ったインドに比べて、町中はそこはかとなくきれいです。皆さん掃除したり、ゴミはちゃんと道沿いにあるゴミ箱に捨てているんですねぇ。
昨日の夜に行った魚介類を出してくれるお店の前や裏を通っても死ぬほど臭いって匂いは放たれてないので、本当にきれいな街というか、文化なんだなぁ。と思います。

個人的感想ですが、もともとベトナムはフランスの植民地だったのでその影響かな?などと思うのですが、待てよ。フランスだってほんの100年くらい前まで家にトイレ無かったよなぁ。などと思うんでけどね;-P。

そんなこんなで散策していたらこんなお店を発見。ここでタイガービールをドドドと購入しました。一本11,000ドンくらい。大体70yenくらいかなぁ。安いです。

20160902_1

ローカルな人が訪れるお店なので英語さえ通じません。店名さえも解りませんf(^^;;。
お店の人が、僕の手に持っているスマートフォンを発見し、盛んに『それを使え。』というようなジェスチャーをしております。なるほど。翻訳アプリの出番ですね;-)。
日本語で『ビール三本とカップラーメンをください。』と書いて、翻訳して、その画面をお店の人に見てもらいました。そしたら袋に入れてくれて、紙に65,000などと書いてくれたのでお買い物成立;-)。無事に、ホテルで飲む用のビールをゲットしたのであります。
あ。お店からの帰り道にはあっという間に一本消えているんですけどねf(^^;;。

写真に写っている人はお店のおやっさんで、昼間からビール片手です。店番は女将さんのほうがしていました。どこの国も、男は昼間っから酒を飲んでいるんですなぁ。とは言っても、確か、今日はベトナムの祝日のはず。許してあげましょう;-)。

ホテルのGPSポイントはこの辺り。地図のキャプチャを掲載したほうが良いかなぁ?以下のGPSポイントをgoogle Map辺りに食わせるとピンを立ててくれると思います。

GPSポイント
Latitude: 16.081103º N
Longitude: 108.247073º E
Map: 16.081103,108.247073

で、今回行ったお店のGPSポイントはこの辺り。ホテルから徒歩で約五分程度です。
このお店、このブログに掲載したことによって、ワールドワイドにメジャーなお店になるのではないかなぁ? などと、僕個人的には思っているんですけども;-P。

GPSポイント
Latitude: 16.085201º N
Longitude: 108.246830º E
Map: 16.085201,108.246830

そして、このお店にたどり着くまでの道は商店街のようになっていて駄菓子屋さんが五店舗くらい、生活雑貨のお店が三店舗くらいありました。フツーのお家もありますが、こういう通りを歩くのは中々楽しいです。ただ、勇気も必要かと思われますが;-)。

 
一旦ホテルに戻り、お買い物した荷物を置いて、ちょっと遅いお昼ご飯を食べてから再度散策にでかけます。こんどはちょっと遠くまで行きます。港まで歩いて行ったのですが、往復で大体6kmくらい。炎天下で良く歩いたなぁ。と、自分でも思ってしまいました;-)。

先ほどの商店の近くを通って行きます。すると、しばらくしたら市場を発見しました。このあと行くホーチミンにあるような雰囲気の市場です。『すげー。こんなのあったんだ。』と、いうのが素直な感想。だって、ダナンに市場がある。なんて情報、事前に仕入れられませんでしたしね。

20160902_2

でもって中に入って散策したり写真を撮ったりしました。

ホーチミンに行ったあとの比較ですが、規模はそんなに大きくはないし、通路は狭いし、ちょっと暗い雰囲気で人はまばら。

20160902_3

市場の脇にはお肉屋があり、冷蔵庫もなく、切られた肉のカタマリはテーブルの上にドンと置かれていました。写真を撮ったらお肉屋さんのおねぇさんがニコっとしてくれました;-)。

20160902_4

その後、更に歩きます。立派な歩道がある割には車道はダートだったりと、中々面白いところを歩いたり、学校の前を通過したり、VitMartという日本風のコンビニを見つけてビールを購入してその場で飲んだりとかして、港を目指します。

途中、建物の中に大勢の人が集まって宴会(風なとこ)をしている人たちに、多分『一杯飲んでいけよー。』などと声を掛けられたりと、そこはかとなく楽しい散策です。あ。暑さを除くと。ですが;-)。
僕はどう見られているのかな?中国とか韓国の人が観光で訪れているダナンですが、日本人に見られているのかな?

そんなこんなで Chu Huy Mãn と書かれた道をてくてく歩き港(Vũng Thùngと呼ばているところ?)に着きました。多分ダナン港だと思うのですけどね。で、港に留まっている船は漁船だと思われます。
港の海の水はホテル前の海の水よりも汚いですね。それはそれでしょーがないか。

20160902_5

それにしても一応、目的地に到達しました。このあとは来た道とは違う道を通ってホテルまで戻るのであります。

 
ダナンの道はベトナムよりはバイクは多くないです。裏道ではフツーに交差点を渡れます。ちょっと大通りだと信号があったり、無い場合は自信を持ってゆっくり歩きながら渡ると無事に渡れます;-)。

タクシーで繁華街に行くのも良いのですが、徒歩でじっくりと歩きながら、地元の人と交流を深めつつ(とは行ってもビール買ったくらいですが;-)、ニコっと笑って挨拶したりとそれなりにダナンがわかったような気分になったのでありました;-)。

ホテルに帰ると、持って行ったタオルは絞ると水滴が落ち、Tシャツ・半ズボン・パンツまでぐっちょりと汗だくになっていたのでありました。まるでサウナかな? しかし、暑いところで汗をかいて、そのあとシャワー浴びて、ビールをグビリ。そんなダナンの観光なのでありす;-)。

 
以下、マニアな人用;-)。
“Chu Huy Mãn”はベトナム語ですが、僕はFreeBSD上のemacs-24.5でこの文章を書いています。試してみるとemacsはベトナム語が入力できるようですね。
Ctrl-x “RET” l で言語が選択できるのでVietnameseを選択するとベトナム語入力モードに移行しますね。そこでフツーにキーボード入力するのですが”a”とか”e”のときに添え字が表示され”‘`^~” などの記号を入力すると表示できるようです。あ。当然UTF-8な環境の場合ですけど。

ベトナムに行って来ました。

夏休みを利用してベトナムに行ってきました。これから数回に渡り、また、他のブログを行ったり来たりしてそのときの状況をツラツラと書いてみたいと思います。

今回行ったのはベトナムのダナンとホーチミンです。日本からだとダナンには飛行機の直行便があるのですが、それは席が中々取れない飛行機なので、しょーがない。一旦ハノイのノイバイ空港に向かい、そこからトランジットで国内線に乗りダナンへ到着したのであります。

今回の旅は

成田→ハノイ(トランジット)→ダナン(三泊)→ホーチミン(一泊)→成田

という経路で実質四泊五日の旅だったのであります。

ダナンは最近ではベトナムのリゾート地として人気があるので、そこでメインに滞在し、のんびりと暑いベトナムを過ごす。と、いう感じでした。

 
まず成田からハノイのノイバイ空港に着き、入国した瞬間、入国ゲートの右側にある店舗で SIMカードを購入しました。詳細については別のブログに掲載していますのでそっちを見て頂ければと思います。

その後、国内線に乗り換えダナンに向かいます。国内線出発の前に早速ベトナムの333ビール(現地では『ビアバーバー』と発音するようです。『ビアバーバーバー』ではないことろが味噌か;-)を飲みつつ飛行機の搭乗を待ちます。

 
今回、ダナンでは『フュージョンスイーツダナンビーチ』(Fusion Suites Danang Beach)というホテルに三泊宿泊しました。目の前が海で、海に出る前に道路を渡り、その道路の先に専用プールがあります。
今回僕らが泊まった部屋はオーシャンスイートという部屋でした。
一番南側の角部屋で、東の海側に向かって開けています。まぁ、角部屋なので南にも開けていますが;-)。

このホテルは空港からは車で大体15分程度かかり、海沿いのホテル群からもちょっと離れたところにあります。まぁ、静かなところといえばそんな感じですね。

20160901_1

一番右側のガラス張りの背の高い(22階立て)建物がホテルです。

ホテルは足もみ(かっちょ良く言うと”foot Spa”というのかな)が毎日無料で45分、あります。ベトナムはきっと肩こりの無い国なのでしょうなぁ。足もみも十分に気持ち良いですが;-)。

 
部屋は大きくて真ん中にベット、海沿いのガラス窓にはテーブルとソファーとテレビ、入り口側にはシャワーが個別で広いユニットバスルームと、二段ベットのある子供部屋があり、リビングには更にキッチンとダイニングがありました。

20160901_2

ダイニングの上ところからクーラーが吹き出しているので基本的にはダイニングテーブルで過ごす機会が多かったかな;-)。

そして、ダイニングテーブルの上には水500ml二本(人数分)と南の島のフルーツが毎日置かれていました。

連泊だったのですが、タオルは毎日変えてもらえました。部屋の清掃にも毎日来てくれて、ベットを直してくれたり、掃除してくれたりと、嬉しいサービスです。

 
部屋ではWi-Fiが利用可能で利用時には認証も無いのでサクッと利用可能です。ベトナムに入国した直後に現地SIMカードを購入したのですが、部屋にこもりっきりの場合はWi-Fiで十分かも。
今回はSIM無しスマートフォン二台(一台には現地SIMを入れたので都合三台のスマートフォンを持ち込んだ。と、いうことですね;-)とタブレットのWindows10を持って行きました。Windows10はセキュリティのためSIMカードのテザリングで接続していました。

ただし、Wi-Fi及びSIMカードのデザリングで日本にメール出したらエラーで戻ってきてしまう場合がありました。ベトナムという国からのSMTP接続を受け付けない日本のメールサーバもある。と、いうことなのでしょうなぁ。それはそれでしょーがない;-)。

 
あちこちで書かれていますが、このホテルの従業員さんは非常に態度というか対応が良いですね。いつもニコニコ、日本語できるスタッフがいるし、英語も通じます。清々しい雰囲気で接してもらえるのが嬉しいですね。

『ベトナムって良い国だなぁ。』などと、思えてきます;-)。

 
プールと海についてちょっと書きますかね。

朝日は05:45頃に顔を出しました。朝の海岸には人がわんさかいます。目の前の海には漁船が浮いているので朝一番に波打ち際で市場のようなモノが開かれ、地元の人が買って帰り、観光客がその周りを野次馬のように取り囲む風景が名物っぽいですf(^^;;。

そして、波打ち際を歩く人、泳ぐひとなどがいて、日中帯よりも賑やかです。基本的にベトナムの昼間は暑いので朝と夕方・夜に海が賑やかになる傾向があります。

ホテルのプールの前に砂浜が有り、海があります。どっちに入っても良いかと思われますが、ホテルのプールはゴージャスです。ビーチマットにクッション、日傘などがあり、贅沢な気分に浸れます。僕は一回だけ行きました。

あと、海でも泳いでみました。上のほうは熱いのですが、底のほうは冷たい水です。大体1mくらい潜ると水温がガラリと変わります。底のほうで泳ぐと気持ちが良い感じでしょうかね。
足が立たなくなるその先まで行って泳いできましたが、海中はずっと砂が広がっていて水草も生えていませんでした。
海の水は大体10mくらいまでは可視性があるでしょうか。夏の江ノ島海岸よりはきれいだと思われます;-)。

20160901_3

海及びプールからの行き帰りには片側二車線の道を渡るのですが、ベトナムはバイクや車がひっきりなしに来るので大変危険です。タイミングよく渡る必要があります。が、ホテルの人が立っていて道路を渡るときにちゃんと先導してくれるので安心でず。が、気を緩めないように;-)。

 
とまぁ、第一弾はダナンのホテルについて、ツラツラと書いてみました。ほんとにダラダラと書いただけのような気がしないでもありませんがf(^^;;。

次のエントリではダナンの街並について書いてみたいと思います。とはいっても飛行場のあたりの都会的な部分ではありません。もっとローカルな部分についてです;-)。

大平山登山。

『登山』とは言っても、そんなに大げさな山ではありません。標高341mの低山ハイキングですf(^^;;。
ピークに立つとこんな感じでした;-)。

20150927_3

お茶屋でご飯食べつつ、ゆったりのんびりと休日を楽しむ日帰り登山でした。ザイルもハーケンもアイゼンも必要ありません;-)。

 
浅草から東武鉄道の快速電車に乗り約1.5時間。出発前から雨でした。うひ。今回は総勢13名であーだこーだ言いつつ酒を浴びつつの本当にハイキングでした。

20150927_1

東武伊勢崎線の新大平下駅から徒歩が始まり、エイヤエイヤと小雨の中を進んでいきました。最初は街の中を歩くのでコンビニやスーパーがあります。雨で、傘などを持っていない場合には山に入る前に購入することが可能です。

登山道に入り階段を登って山道を進み、舗装された道路に出ました。そしてその先の謙信平に到着です。

謙信平は大平山神社の手前で、お茶屋がドドドとあったのでそこでちょっと早いお昼ご飯です。
ビール飲んだり、お蕎麦を食べたりして過ごすのですが、そのあと大平山神社に行ったり、その奥にある富士浅間神社まで足を伸ばします。そしてその裏にある341mのピークを踏んだのでありました。
それが一番最初の写真になります。

 
登りは良かったのですが、帰りは大変でした。富士浅間神社からぐみの木峠に向かう100mの急斜面を下り、更にぐみの木峠から、大中寺へと抜けるルートが時間的にもちょうど良いのですが、この間の台風の影響で登山道がガレ場(石がゴロゴロしているところ)と化しているんですね。斜面はきついし歩きにくいで中々大変でしたが、無事に大中寺にたどり着きました。
この頃になると雨も上がり日も射すようになりました。ふぅ。

大中寺までたどり着くとあとは舗装道路を歩いてぶどう団地に向かうことになります。が、しかし、舗装道路はある意味足腰に響くなぁ。と、僕は感じましたが。

 
そのあとはJR両毛線の大平下駅の前にある「盤峰園」と、いうところでぶどう狩りです。ぶどうのシャーベットやかき氷も食べられるし、ぶどうの試食もできます。

この辺りは関東近郊で唯一ぶどう狩りができるところでそこはかとなく有名なようですね。長野県人である僕は巨峰というぶどうは良く食べるので特に珍しいということは無いのですが、裏を返せば今まで”ぶどう狩り”というのをしたことがない;-)。

今回のおみやげです;-)。

20150927_4

べりーAという品種だったかな。自分でぶどう狩りを楽しんでおみやげができました。

 
今回は幹事さんが頑張ってくれました。本当は雨天中止の予定だったのですが「雨でも行くぜぃ。」とのことで、来たのですが、帰る頃にはすっかりと良い天気でした。

足が疲れてきましたね。帰りの電車で一眠りして、地元戻ったら反省会と称する宴会です;-)。

JR上越線。岩原スキー場前駅から電車に乗ってみました。

今回は夏休みで越後湯沢辺りをうろちょろしているのですが、宿泊所はJR上越線の岩原スキー場前駅から徒歩八分くらいのところにあります。
そこから隣の大きな駅である越後湯沢駅まではバスか電車で行くことが可能です。あ。自分の車で行くこともできますがお酒を飲んで帰ってくる場合には車では無理ですねぇ。

と、いうことで公共交通機関に乗って移動するんですけども。なので今回はJR上越線の在来線の普通列車に乗ってみました。

こちらは岩原スキー場前駅です。無人駅です。

20150909_1

駅舎は上りホーム側にあります。奥のほうにトイレがあります。駅の前には自転車が三台止まっていました。普段から利用する人なのでしょうなぁ;-)。

今回は下りホームに行って隣の駅の越後湯沢駅まで行きます。駅舎に券売機があったのでそこで190yenの切符を購入しました。あ。現金のみです。SUICAとかPASMOは利用できません。

20150909_2

切符を購入したら地下道をくぐって隣のホームに行きます。そこで切符入れを発見。こーいう箱があるのが無人駅ですねぇ。

ホームで電車が来るのを待っていたら子供を連れた女性が一人。今回、この駅から乗る人は全部で四人のようですね。

20150909_3

ちなみに下りの電車の本数は一日九本。新幹線とは違い”本線”であったとしても(あれ?『上越線』はそもそも『上越本線』ではないよなぁ。今は途中止まりとなった『信越本線』は”本線”だけどなぁ。)電車の本数は少ないのねぇ。と、いう感じはしました。

ちなみに僕は宇都宮線以遠の上越線は初めて乗ったかも;-)。

短い区間ですが、電車の旅です;-)。