月刊アーカイブ

  • 2018 (4)
  • 2017 (55)
  • 2016 (58)
  • 2015 (75)
  • 2014 (75)
  • 2013 (79)
  • 2012 (71)
  • 2011 (75)
  • 2010 (104)

筆者プロフィール

名前は「たかちゃん」とか「たかじろう」などと呼ばれています。

長野県須坂市生まれですが、ここ数年は埼玉県と接している下町に棲んでいます。

この「よろずなブログ。」の他に食べ物系をメインとする「もつ焼き・オリジナル」と、PC・OS・コンピュータ全般のネタをメインとする「かけまわる子犬。」の三つを使い分けつつ継続して書き連ねています。

宜しくお願いします。






千葉・勝浦。マルイカ釣り。

今回は千葉県勝浦の松部漁港から船に乗りマルイカ釣りに行きました。

本当はヤリイカ釣りに行く予定だったのですが、最近全然上がってないので前日にマルイカ釣りに変更になりました。今回利用した船宿は盛幸丸。以前はうんと大きな船があったのですが、横に座った常連さんに聞いたところ、大きい船は(海坊主みたいな)お父さんが漁に使用するために占有しているそうです。もう一隻の釣り船はせがれが操作してポイントまで案内してくれます。

さて。僕はヤリイカの仕掛け持っているのですがマルイカの仕掛けは持っていないので準備する必要があります。「スッテ」と言うヤツですね。今回利用したのはこんな感じ。仕掛けは「直ブラ」なので、叩く->様子を見る->当たりがあったらあわせる。を繰り返します。

20100502_4.jpg

家の近所の上州屋のイカ釣り好きの店員さん曰く、最近の流行は小さめのヤツで、後は天候・水の濁り具合などで色を変えると良いでしょうかね。と教えて頂きましたが、そんなこと言われてもどうもイマイチピンと来ないのであります。

後、竿はヤリイカ用のではちょっと堅いですかね。ヤリイカの時は150号の錘をつけるのですが、今回は60号。竿はもう少し柔らかめのほうが良いですね。

とまぁ、こんな感じで準備をして、自宅を01:30に出発。勝浦を目指します。集合は04:00、出船は04:30。この時期は日が出るのが早いので船出も早いのでありますf(^^;。

20100502_1.jpg

乗船許可が出て、早速準備を始める風景です。今回のお客さんはほぼ全員がヤリイカ釣り好きな人だったのでヤリイカは得意でマルイカはどうもイマイチ。な人がほとんどだったのであります(^^;;。

この後、船は小湊沖を目指すのであります。勝浦から小湊まて約30分。漁場に付くともう既にたくさんの船がいます。そしてたくさんの人がマルイカを狙っているのであります。

20100502_2.jpg

ヤリイカの場合は竿を上下にあおって、上で止めて乗ったか確認し、また、ずしっと来たら巻き上げるのですが、マルイカの場合は難しい。今回初めて釣ったのですが、叩いた後に様子を見ていると、ツンツン・ふわっと来るのでそれに併せて針に載せます。

僕は長野県人なのですが、子供の頃は良くヘラブナ釣りしたのですが、ヘラ浮きがツンツンと動いた時にあわせると食って無くて針がハラとかに刺さって(スレ)上がってくる時があるのですが、マルイカの場合も「まさしくそんな感じか?」と思ってしまいました。ただ、ヘラ浮きと竿先では当たりの感じが全く違うのでありますが・・f(^^;;。

さて。朝から六時間の釣果ですが。今回は小型のマルイカ三ハイだけだったのでありました。アカイカクラスの大きさのは隣の人が一匹釣っただけでした。

20100502_3.jpg

これだと食べた時、大きなヤリイカ一ハイよりももっと量が少ない感じでしょうか。そして、トップでも多分つ抜けた人は居なかったのではないでしょうか。そう考えるとやはり、釣れるかどうか分からないけどヤリイカ釣りに行った方が嬉しかったかなぁ。と思ってしまうのでありました。

あ。そーそー。今回、マルイカ釣りとはいえ70〜100m近辺での釣りだったので手巻きリールではちとつらいですかね。やはり電動リールがあったほうが良いかもしれません。予約を入れるときには船宿に深さを聞いたほうが良いと思われます。

それにしても今回は同行の三人共にヒサンな結果だったので、今シーズン最後にもう一回ヤリイカでリターンマッチしよう。と約束したのでありました。

なので多分五月中にもう一回、外房でヤリイカを狙いに行きます。