月刊アーカイブ

  • 2017 (18)
  • 2016 (58)
  • 2015 (75)
  • 2014 (75)
  • 2013 (79)
  • 2012 (71)
  • 2011 (75)
  • 2010 (104)

筆者プロフィール

名前は「たかちゃん」とか「たかじろう」などと呼ばれています。

長野県須坂市生まれですが、ここ数年は埼玉県と接している下町に棲んでいます。

この「よろずなブログ。」の他に食べ物系をメインとする「もつ焼き・オリジナル」と、PC・OS・コンピュータ全般のネタをメインとする「かけまわる子犬。」の三つを使い分けつつ継続して書き連ねています。

宜しくお願いします。






自衛隊の装甲車を間近で見てきました。

ふらっと温泉に入りに、ついでに北関東辺りの小さな旅も兼ねて 道の駅はが に来ました。実際に来たのは土曜日なんですけどね;-)。
でもってすぐその横にある ロマンの湯 にでも入ってゆっくりしようと思ったのであります。ロマンの湯は以前このブログに掲載しているので詳細は省くとして、道の駅の駐車場に車を停めて散策を始めたのであります。

そしたら、おぉっ!! 自衛隊の人がイベントみたいなのを開いていました。装甲車がドーンと一台止まっていて隊員の人が色々説明してくれたり、写真撮ってくれたりして。普段触れることが無いので色々とお話してきました。

ちなみに今回展示のために止まっていた装甲車はこれ。

20120527_1.jpg

重機の会社のコマツが作成している車でした。こーいうのって三菱とか日立・川崎辺りが作っているのだと思ったらコマツも作っていたんですね。

こっちがそのプレート。

20120527_2.jpg

ふむ。軽装甲車という名みたいですね;-)。

あと、鉄兜(隊員の言うがまま)をかぶらせてもらったりPKOで海外に派兵すると実際に着ているという、13kgもある防弾チョッキを着せてもらったりそれなりに楽しかったです。

自衛隊用のヘルメットについては前から知りたいことが一点あって、隊員の人に本当に聞いてしまいました。「これって本当に実弾弾く強度あるんですか?」と。教えて下さった隊員もさすがにヘルメットに実弾が当たったことはないらしく(当然だっ!! そんなんだったら大変だっ!!)「実際に弾くと言われていますよ。けど、衝撃がかなりあるみたいですね。」と申しておりました。自分でヘルメットかぶって叩くと確かに衝撃はかぁなりありました。

鉄兜かぶって防弾チョッキ着て装甲車の前でポーズ取っている写真はFacebookのほうに掲載したので見てみたい方はお友達になって確認してみてください;-)。

あと、最近は自衛隊のポスターは萌系が多いと良く言われていますが、自衛隊栃木地方協力本部のポスターがあったので写真撮って来ました。

20120527_3.jpg

中々良い感じですね;-)。

基本的には自衛隊の活動を公開している場みたいな感じで、道の駅の一角には「自衛隊パネル展」みたいなコーナーもあったりして地域と密着しているんだなぁ。と思いました。

ちなみに、そこでは勧誘などはしていませんでした。とわ言いつつ、僕が「自衛隊に入りたいーーっ!!」って言っても入れてもらえない年齢でしょうけどねf(^^;;。

今回は実に良い体験ができました;-)。

真岡鐵道でSL見たよ。

今回はフラッと温泉に行こうかと思い、旅に出ます。そんなに遠くはないのですけどね。でもって前回行って中々わ良いなと思った 道の駅はが にある ロマンの湯 を目指したりしたわけなんですけど、今回は東北自動車道を利用せずに常磐自動車道とR249を利用したのであります。

で、道の駅はが まで行くのですが、途中にSLで有名な真岡鐵道が通っているメインの駅である 真岡駅 があるのでそこに立ち寄ってじっくりと実働するSLを見よう。などと思ったのであります。

R249は思いの外車が流れたので真岡駅にSLが入る随分前に付いてしまいました。駅などをじっくりと観察するのであります;-)。

20120626_3.jpg

真岡駅は駅舎自体がSLの形をしているのですね。茂木行きホームの隅っこから駅舎を撮ったのはこんな感じ。

で、更に待つこと数十分、踏み切りがカーンカーンと鳴って、シュポシュポ煙をはきつつ登場しました。 C11 325号が。わーい。実働するSLを見たの、今回が初めてだぁ。すごいなぁ。みたいな;-)。

20120526_1.jpg

駅のホームでは大体10分くらい停止してしました。こちらはその時に撮った動画です。いやー。こーいうの見るとSLってやっぱり地球にやさしくないんだなぁ。と、ちょっと思ってしまいましたf(^^;;。


20120526



iPhone4で縦に撮ったのでちょっと縦長の動画になってしまいました。申し訳ありません。まぁ、煙の動きを確認するには縦長のほうが良いかなー。みたいな;-)。

あと、実働するSLを見て思ったこと。あ。いやね。展示されているSLってのは色々公園とか駅で見たことあるんですが、実働しているSLを見た時「SLってのは『鉄の塊』ではなく『油の塊』だな。」って感じたねぇ。

20120526_2.jpg

動輪部分とかピストンの部分とかコッテリとグリスアップされていて驚いた。あと、各部のパーツが全てピカピカなのですね。すげー手入れされていて管理が行き届いていると思いましたね。

今回撮ったLSの写真は「もつ焼き写真館」のほうに掲載したのでそちらも併せてご覧頂ければと思います。

いやー。すごいすごいと思いつつ感動したのでありました。この後 C11 325号は高らかに汽笛を鳴らしつつ一路アンドロメダじゃなかった。茂木方面に出発していったのでありました;-)。

三陸鉄道のワインが届きました。

某カード会社からのダイレクトメールを眺めていたら「三陸鉄道復旧にお手伝いしよう。」みたいな企画がありました。一つは枕木の所有権 10,000yen ってヤツ。これは以前から知っていました。枕木に自分の名前のプレート打ち付けてくれる。というアレですね。

で、それとは別にもう一個あったのでそっちを申し込んでみました。「くずまきワインを購入して復興を支援しましょう。」ってヤツ。某カードのポイントで申し込めるようだったのでそれを利用して申し込みました。

で、忘れていたころに本日、届きました;-)。

20120524_1.jpg

一枚目の写真。こんな感じの箱に入っていました。で、フタを開けるとーっ!!

20120524_2.jpg

うひゃーーっ!! 俗に言う萌え系ってやつでしょうか。白と赤のワインが一本ずつ入っています;-)。鉄道が特に意識されたラベルではありませんが、上の方にはしっかりと「三陸鉄道」と書かれています;-)。

こっちは瓶の裏のラベルの写真。

20120524_3.jpg

飲むのが楽しみです。今は棚の中にしまいました。しばらく眺めている予定;-)。

ワイン飲んで僕もちょっとは三陸鉄道復興の役に立てるかな?

千葉・鴨川江見。ヤリイカ釣り。

前回の04/30のヤリイカ釣りが今シーズンの最後かと思っていたら、いつも一緒に釣りに行く三人の内のお師匠様が「05/12に行くけど、行く?」と聞いてきたので「行きます行きます。」二つ返事で返して、でもって今回が本当に今年最後のヤリイカ釣りになったのであります。

前々回は勝浦、前回は白浜。で、今回はどこにするかと思っていたらお師匠様が鴨川江見辺りの船宿を予約してくりました。と、いうことで今回の漁場は鴨川沖に決定。で、利用した船宿は「長七丸」。

船は04:30出船で04:00集合と、いうことで東京を01:30頃に出発。一路千葉県鴨川市の江見漁港を目指すのでありました。

20120512_1.jpg

出発前の上船および準備の段階。五月になってだいぶ日の出が早くなってきたとはいえ出港時にはまだ暗いのであります。そして、定刻通り04:30出港。一路鴨川沖を目指すのでありました。

僕自身、鴨川沖の漁場というのは初めてですね。今回のヤリイカ釣りは水深130-180m辺りで釣りをしました。最近は勝浦沖よりも鴨川沖のほうが良く釣れるみたいで、勝浦の船も鴨川沖辺りまで来ていて辺りは漁船がたくさんいました。

20120512_2.jpg

たくさんの船が一つの漁場にたくさんいるとなんか「ザ・連合艦隊」って感じがして、眺めていても気分良いですね;-)。

で、今回の釣りは一カ所で三時間くらい停泊していてそこでひたすらヤリイカを釣る。みたいな感じ。移動しても五分程度で次のヘリへ。って感じで移動時間が本当に少ない釣りでした。朝早い釣り人にとって、漁場間の移動時間が少ないもしくは無いというのは寝る時間がない。と、いうことにもなるんですけどもね。

今回の漁場はこの辺り。

20120512_3.jpg

ほぼ横一列ですね。一番右は江見港です。で、一番右側が鴨川沖の漁場。確かに船の上から鴨川の街が一望できました。ちなみに真ん中のピンは船が帰港中に写真を撮ったので、港と漁場の航海線のちょうど中間辺り。ってことになるでしょうか。

さてさて。本日の釣果ですが、ヤリイカのみ22ハイ。サイズは全て35cm以上。あ。胴だけの大きさで足は含みませんでけどね。で、家に帰ってきてサイズを測ってみたら一番大きいは30cmでしたね。40cmはありませんでした。何回も書きますが胴サイズですよ。

まぁ、大漁とまでは言えないまでも、釣れたヤリイカが大きかったので食べ応え十分です。半分ほどおろして冷蔵庫へ。残りはマルのまんま冷凍庫に投入ましたが、一杯になってしまいました;-)。

と、いうことで今シーズンのヤリイカ釣りは本当にこれでおしまい。来週行ったらヤリイカ自体が肉薄になって、美味しい時期が終わってしまっているんでは無いかなぁ。と思います。

それにしてもお疲れ様でした。来シーズンまた宜しくお願いします。

もう少しむこうの空の下へ。

講談社文庫の本の登場です。これが一冊目かな?シーナ誠の「もう少しむこうの空の下へ」。本棚を整理しようエントリの20回目です。これでちょうど20冊読み終わったのかー。ふむー。

20120507_1.jpg

と、いうことでこの本、海・島の旅の本としては珍しく私小説系の本なんですね。以前に読んだことがあったのですが、中身がまるっきり頭から抜け落ちてしました。今回再度読み直してみて「確かに私小説ちっくだ。」と思った次第です。

で、面白いのが「島の女」。奄美大島の海岸で親子に会って赤紫蘇ジュースを飲んだ。と書かれているのですが、この10年後にこの海岸を探しに再度訪れているんですね。で、それが前回ここに掲載した「風のなかのひみつ島」に出てくるんですけども、今回この本を読んでいて、あれ?この話どっかに出ていたぞっ!! 奄美大島だ。あのときの話のもとになっているのはここに書かれていたのかー。と、まぁ、見事に連携してくれるのでありました。

シーナ誠および怪しい探検隊の本を続けてほぼ全て読んでいくと、同じ内容(イベント)をそれぞれその筆者の目線で本になっているので中々面白いのであります;-)。

まだまだたくさん本が残っているので、今後このようなことが随所で登場してくることでしょう。本の相関図みたいにリンク貼っていくと面白そうだなぁ;-)。

七味唐辛子と長野電鉄2000系。

実家の長野に帰っています。でもって善光寺参りに行きました。その帰り、表参道を権堂に向かってテクテク歩いて行くだっていくのであります。

その参道で七味唐辛子のお店「八幡屋礒五郎」であいやっ!! これはすばらしいのがありますなぁ。などと思ってしまいついつい三つも買ってしまいましたf(^^;;。

20120505_2.jpg

長野県北部の私鉄と言えば長野電鉄。で、そこのオリジナル特急電車の2000系がペイントされている缶に入った七味唐辛子なんですねぇ。

最近の長野電鉄(通称”長電”)の特急電車と言えばJRの成田エクスプレスの車両だとか、最近では小田急ロマンスカーの車両になりつつあるんですが、自社車両の2000系はもう走ってないのかな? と、言う感じなのであります。

三つも買ってしまった図はこんなです;-)。

20120505_1.jpg

その昔、友人が「本当の『マニア』というのは三つ買うんだ。」と申しておりました。自分用・保存用。そして、売却(プレゼント)用だそうです。僕は別にそんなふーには思ってなかったのですが、三つ買ってしまいましたf(^^;;。

それにしても長野名物の七味唐辛子。入っているはこれだけです。

20120505_3.jpg

東京の七味唐辛子というのは海があるからなのか、青のりが入っているのですが、長野は海がありません。代わりに入っているのはシソなんでしょうかねぇ?

明日からそばが美味しく頂けそうです;-)。

善光寺参り。

ゴールデンウィークを利用して実家に帰ってきました。で、実家の母を連れて三名で善光寺にお参りに行って来ました。

善光寺の参道、この時期は「花回廊」というお祭りをやっています。今回行った時は天気が良くて良かった。須坂は雨がポツリポツリ来ていたのだけど、長野に着いたら雨は全く降っておらず日まで照っている状態でした。日頃の行いがこーいうところで出るんですな;-)。

20120504_1.jpg

道路とか権堂のアーケードの中に花が並んでいるのであります。権堂も人が多かったなぁ。あんなに人が多い権堂を見たのは何年ぶりくらいだろう?みたいな感じ;-)。

20120504_2.jpg

仁王門を通過し、もう一個門が出て来ます。前回来た時はこの門は修復工事中だったんだけど、今はもう完成しているようですね。屋根の部分を直していたんだと思います。

で、こちらが本堂。

20120504_3.jpg

いやー。天気が良くて良かった。この後、びんずるさんを触りつつお参りしたのでありますが、それにしても人が多かった。

で、そんな善光寺の境内で見つけたもの。「唯一無二」のだるまだそうです。

20120504_4.jpg

黒だるまと白だるま。黒いほうはフラットブラックでずいぶんとかっちょえー見栄えでした。黒・白のだるまというのは確かに珍しいですね。目は赤で塗ったら良いのでしょうか?;-)。

そんなこんなの善光寺参りだったのであります;-)。