月刊アーカイブ

  • 2017 (47)
  • 2016 (58)
  • 2015 (75)
  • 2014 (75)
  • 2013 (79)
  • 2012 (71)
  • 2011 (75)
  • 2010 (104)

筆者プロフィール

名前は「たかちゃん」とか「たかじろう」などと呼ばれています。

長野県須坂市生まれですが、ここ数年は埼玉県と接している下町に棲んでいます。

この「よろずなブログ。」の他に食べ物系をメインとする「もつ焼き・オリジナル」と、PC・OS・コンピュータ全般のネタをメインとする「かけまわる子犬。」の三つを使い分けつつ継続して書き連ねています。

宜しくお願いします。






群馬県前橋市。赤城温泉湯之沢館。

群馬県を散策していますが、お昼にうどんを食べて上毛電気鉄道の車庫を見学し、いよいよメインイベントです。

今日は温泉に来ました。ここのところ銭湯めぐりが多かったのですが、今回は温泉です。行ったのは赤城山の中程にある温泉郷、赤城温泉です。

今回は宿泊したのですが、宿の名は「湯之沢館」と、いうところです。

温泉宿に向かう途中の山道で、たくさんの車とすれ違うので『通行止めの道からどうして降りてくる車がこんなにいるのだろう?』と思っていたのですが、温泉のお風呂に入ってそのわけが解りました。この辺りの温泉宿は日帰り入浴が可能なのですね。

なので、群馬県内で遊んだひともしくは仕事終わった人々が温泉に入ってから帰る時間と、僕が温泉宿に向かう時間がかさなったようですね。

今回の温泉宿はこんな感じです。

20160329_1

共用駐車場に車を止めてテクテク歩き、階段を下りたところにある宿でした。今回二名の宿泊でした。部屋に通され荷物を置いてまずは一段落し、そのあとに温泉に行ったら、入っている人が四名くらいいました。『けっこう混んでいる宿だなぁ。』などと思ったのですが、風呂あがりの人に聞いたら日帰り入浴の立ち寄りだということでした。
立ち寄り湯の値段は600yenだそうです。入れる時間は聞きませんでした。

それにしても『今は4,5人だけど、さっきは10人くらいいて、ずいぶん混んでいたんだよ。』とのことだったので簡単に湯を浴びたあと、一旦部屋に戻りました。

その後30分くらいして再度行ったらもう誰もいなくて貸切状態でした。うひひ;-)。

誰もいなかったので温泉の写真を撮ってきました。こんな感じです。

20160329_2

お湯自体は多少濁ってるようですね。そして熱くはない。この湯船の他に川側にももう一個湯船があるのですが、そちらのほうは”ぬる湯”と書いてあり、ぬるいというか、つべたかったf(^^;;。

まぁ、どっちにしても先ほどの人の多さはウソのようでじっくりと入ることができました。

 
今回行った宿には二つのお風呂があるのですが、一個は女性用で内風呂、もう一個は混浴で露天風呂という感じで、男湯というのはありませんでした。それが一定時間で入れ替わったりします。宿泊客は24H入れます。
あと、宿に宿泊する人は貸し切りができるので、その時間帯は他のお客さんは入れないようです。

基本的にはそんなに熱くはない温泉ですが、夜に入るとほどほどに熱くなっていたので一段落。ふぅー。って感じで和むことができました。

温泉宿に来ると何回もお風呂に入ることができるので嬉しいですね。赤城温泉というのは今回初めて行きました、東京からでもそんなに遠くはない距離にあるので嬉しいです。あと、R122とR50を走っていくとたどり着くのが良いですね。どちらも道が広いので助かります。

あの辺り、夏は異様に暑い土地柄だけど、今の季節はちょうど良いですねぇ;-)。

 
GPSポイント: 36.506922,139.179521
営業時間: 未確認
日帰り料金: 600yen

上毛電気鉄道大胡駅車庫見学。

群馬県の赤城山の麓辺りをうろちょろしております。まずは桐生市で上毛電気鉄道の西桐生駅を見学しました。そのあと、桐生市内のうどんやさんでひもかわうどんを頂きました。

今回の出発前に色々調べてみると上毛電気鉄道では大胡駅で車庫の見学ができるようです。見学は予約が必要でしたが、今回は『外から眺めるだけでも良いかぁ。』などと思い、一路車で大胡駅に向かいました。駅に到着したのは13:20頃でした。
駅前の無料駐車場に車を止めて駅の見学と、車庫に向かう道をテクテクと歩き、『ふむ。井の頭線の3000系電車が止まっているねぇ。あ。ちょうど電車が着いた。』などと思い写真を撮りつつ車庫の前まで歩いて、車庫を眺めていたら駅の係員さんが「車庫見学していく?」とお声がけくださいました。
「しかし、予約してないんですけどー。」と、言ったら、予約したお客さんがまだ来ないので、来たときに一緒に回れば良いよ。とのことでした。嬉しいですねぇ;-)。

20160328_1

13:40頃になって予約した人たちが来たようです。電車で来たのでさっきの電車に乗ってきたのでしょう。親子連れの三人さんで、お父さん・お母さんともに鉄っちゃんではなく、子供に連れられてきたそうですf(^^;;。

車庫見学は案内係の人の話を聞きつつ、車庫内に止まっている電車の説明や施設・部品の説明などが30分ほど、そのあとは車庫内のどこてでも写真を撮って良い。とのことでした。すごいサービスですねぇ。

20160328_2

ついこの間読んだ川島令三氏の「私の電車史」中では著者が子供の頃は車庫内に頻繁に入り自由に行動できた。と、書かれていましたが、昭和30年代のお話がここで体験できるわけですね;-)。

車庫に入っている井の頭線3000系、上毛電気鉄道ではデハ700系の下にも入ることができました。一応、電車の下に潜るとき係の人に「下に入っても良いのでしょうか?」と、聞いたら良いとのことだったので、ヘルメットかぶってないので頭をぶつけないように潜って写真を撮ることもできました。

このときの見学の様子はもつ焼き写真館のほうに掲載したのでぜひご覧ください;-)。

20160328_3

見学が一通り終わったら、車庫及び駅舎への入場料として170yenほど徴収されましたが、鉄道の車庫の見学料が170yenとはずいぶんと安いなぁ。と思い、感謝の意味と、自分の趣味とで一個おみやげを購入しました。

20160328_4

右側が入場券です。パッケージにして最後に渡してくれます。
そして左側は車掌と運転手の胸バッチです。これはセットで500yen。安いですねぇ。それにしても向きがちょっと変だよなぁ。と思うのですが、台紙に挟んであるのでこーいう形で販売しています。そして台紙にはしっかりと『上毛電気鉄道株式会社』とハンコが押して有りました;-)。

 
今回は予約なしでたまたま立ち寄っただけだったのですが、行った時間がドンピシャだったので車庫見学ができてよかったです。

だいたい一時間くらい見学してしまいました。楽しかったぁ;-)。

西桐生駅に行ってきました。

今日は群馬県の真ん中辺りに行きました。夏になると暑くて死んでしまいそうな辺りですが、このくらいの季節だと中々過ごしやすいところですね。

今回は館林・桐生・赤城辺りを散策したのですが、群馬県桐生市というのは鉄道愛好家には聖地のようなところなのですね。と、いうのも、JR両毛線・東武鉄道・わたらせ渓谷鐵道・上毛電気鉄道と、四つも鉄道会社があるのですね。

JR両毛線の桐生駅に行きましたが、高架のJRらしい駅でした。そして、そこから五分ほど歩いたところに上毛電気鉄道の西桐生駅があるのでそこを見学しました。鉄道に乗ってないのがちょっと申し訳なく、写真しか撮ってませんが・・。

駅正面駅はこんな感じでした。始発駅ですね。

20160327_1

この駅は駅百選に選ばれていると、いうことで中々フーリューな駅ですね。駅は交差点のすぐ脇にあって、駅前はロータリーではなく、広場というか、駐車場というか、そんな感じです。

駅舎に入ってみました。改札の上にある時刻表の写真。

20160327_2

電車は30分に一本の間隔で運行しているようです。運賃は初乗りが170yen。グルっと中を歩いてポスターとか、その他を眺めるのでありました。

少しすると電車が到着したようです。一旦外に出て、電車を眺めますが、降りてきた人の中に自転車を押して来る人がいます。この電車というか、鉄道会社は社内への自転車持ち込みがOKなのですね。輪行する必要はなく、そのまま自転車を搬入可のようです。

そして、この電車。あれ?京王井の頭線の3000系ではないかしら?

20160327_3

とまぁ、こんな感じで西桐生駅を散策するのですが、このあと、桐生市内でうどん(正確には『ひもかわ』です;-)を食べてから大胡駅の車庫に行くのであります;-)。

東京都足立区小台。小台湯。

今週も銭湯に来ました。足立区の銭湯巡りはまだ続いているのであります。

今回は足立区小台というところにある「小台湯」ところに行ってきました。最寄り駅は日暮里・舎人ライナーの小台駅です。が、駅からはずいぶんと遠いです。
北千住から見ると荒川の手前になりますが、ずっと来たのほうに位置した住宅街のなかにあります。まぁ、銭湯は住宅街の中にあるのが当たり前ですが;-)。そして。この辺り、行ったのは初めてです。足立区なのにねぇ。

さて。まずは写真を。

20160319_1

入り口で靴を脱ぎ下駄箱に入れトビラを開けると、そこには番台があります。回数券を出し、御湯印帳に御朱印をついてもらいますが、もう期限切れなので一応、『ハンコ大丈夫でしょうか?』と聞いています。今回は、ハンコはまだあるので大丈夫だけど、朱肉がなかったので『取りに行く。』ということでしばし待ちましたf(^^;;。朱肉を持ってきてもらったあと『自分で押したほうが楽しいよね。』と、いうことで今回初めて自分で御朱印を押す機会に恵まれました;-)。

脱衣所で服を脱ぎ、浴場に入りますが随分広いですね。しかし、”絵” はまったく、どこにも無いです。こーいう銭湯もある意味珍しいですねぇ;-)。

湯船はたくさんあります。左からメインの湯・泡風呂・ジェットバス・カドに薬湯があって、一番左側は水風呂です。
この銭湯は良いですねぇ。湯船に首まで入るとお湯がジャバジャバ溢れ出します。源泉掛け流しの温泉みたいですねぇ;-)。

そして、サウナもあって、ミストサウナは工事中でしたが、ふつーのサウナもあります。なんと無料(入場料のみ)で入れます。中々珍しいです。僕もちょっと楽しみましたが85゜Cくらいの温度で、じっとしていると汗が噴き出してきます。当たり前かf(^^;;。

ボディソープとリンスインシャンプーは備え付けのモノがあるのでタオル一本で行っても大丈夫。

湯上がりは小さいですが、外に出て涼むことができるので湯冷ましに持っこいです。

 
この銭湯、裏手に回ると空き地のうよな感じになっていて薪が山積みされていたりします。そして、煙突がどーんっ!!

写真に撮るとこんな感じです。

20160319_2

青空に突き抜ける煙突。すごいですねぇ。ダイナミックですねぇ。などと銭湯の凄さを堪能するのでありました;-)。

 
あ。今回で足立区の銭湯は20個回りました。数的にはもっと行ってますが、御湯印帳には20個の御朱印が押されたことになります。半分制覇だぁ;-)。

 
GPSポイント: 35.756812,139.760473
営業時間: 15:00-23:00
日帰り料金: 460yen (銭湯の価格)

私の電車史。

「本棚を整理しよう」なカテゴリです。今回読了したのは川島令三の「私の電車史」PHP文庫から出ている本ですね。

著者は鉄道界隈では有名な方で、時々テレビにも出ていたりしますね。著者の本は何冊か持っていて、このカテゴリに掲載するのは今回が初めてになるようです。すると、まだ、本棚には3,4冊はあるかな? ;-)。

20160317_1

まぁ、鉄ちゃんであれば、著者の本は当然読んでいるとは思いますが、僕もご多分に漏れず。と、言った感じでしょうかf(^^;;。

この本は著者が幼少のころから大学までに電車に絡んだネタを書き綴っています。まぁ、タイトルの通り。とも言えなくもないですが;-)。

著者は神戸の人なので好きな鉄道は阪神で、阪急も。と、いう感じ。JRは電車が一緒であまり興味は湧かなかった。と、書いています。

あ。文中には長野電鉄も出て来ますねぇ。

鉄ちゃんであれば、多分読んだことのある本だと思われます;-)。

東京都足立区扇。星谷浴泉。

今週も足立区内の銭湯を巡っているのであります。さぶいのでこーいう日は温かくて広い銭湯に行くのが良いですねぇ。ただし、住んでいるところからは離れているので自転車で行くのですが、それにしてもさぶかった。

今回は「星谷浴泉」ということろに行きました。”銭湯”ではなく”浴泉”というのがミソでしょうかねぇ;-)。
場所を説明すると、ややこしいのですが、荒川から近い住宅街の中。と、いうことになります。僕もiPhone6まgoogleマップでたどり着きましたf(^^;;。あ。おおよその地図は御湯印帳を参考にしましたけどねぇ。

目指す銭湯にたどり着いたのは16:30頃です。地元のおじさんたちがチラホラといました。

まずは入り口の写真を。

20160312_1

この銭湯は中々重厚な作りですね。古き良き銭湯。って感じがします。中に入ると番台があり、そこで御湯印帳に御朱印を押してもらい、回数券を出してお風呂に入ります。

この銭湯、浴場は雰囲気的には先週行った「大和湯」に似ている感じがします。右側の湯船は白濁の約湯。ただ草津の湯ではありません。硫黄の匂いはしません。これと同じ大きさで真ん中に一個、右側にはジェットバスがあります。

あと、壁絵にはきっちりと富士山が描かれていますが、周りの景色も含めて絵が書かれており『富士山がどーんっ!!』って絵ではないですね。

シャンプーとボディソープは備え付けなのでタオル一本で入りに行くことができます。

それにしても熱い湯に感じたのですが、今日はさぶかった。なので熱く感じたのでしょうなぁ。二回目に入った時はそれほど熱く感じなかったので体が慣れた。と、いうことなのでしょう。さぶい日だったので、じっくりと味わったのであります。

そして、風呂から上がると火照ったからだは縁側で湯冷ましすることができます。入り口脇の部分が庭園風になっているので、そこに出ます。電源の入ってない何十年か前のテーブルゲームがあったりしてレトロな雰囲気が出ています;-)。
缶ビールが無いのがちょっと悲しいところか;-)。

 
僕が風呂を上がる頃、お客様は僕の他には一名となっていました。広い風呂なのでもっと大勢のお客さんがいても良い気がしますが、あんまり混んでも困りますかねぇ。

さてと。風呂あがり。家に着く前にどこかでかるくビールでも飲んでいきましょうかねぇ;-)。

 
GPSポイント: 35.763358,139.777336
営業時間: 15:30-23:00
日帰り料金: 460yen (銭湯の価格)

ん?日付データがなくなった?

以前のエントリでCASIOのCBX-1000という、バイクの名前のような腕時計をリサイクル屋さんで買ってきた。と、いうエントリを書きました。

電池とベルトを変えたら、今でもフツーに使える腕時計なので、ランニングの時などにしているのですが、今年の三月に入ってからちょっとおかしいようです。

まずは写真を撮りました。程度が良いのでずいぶんと綺麗な時計で、20年前の時計には思えません。

20160306_1

何が、どの辺りがおかしいのかというと、日付が一日ずれていますっ!!

こーいうデジタル系の時計って、何年分も先のカレンダーデータは保持していて、アナログの系とは違い、30日の月とか28日の月はカレンダーの日付を変更せずとも使い続けていられると思っているのですが・・。

と、いうことはこの腕時計は20年前のヤツなので、時計自身で持っているカレンダーデータを全て使い果たし、あとはアナログの腕時計と一緒で『西向くサムライ』な月ごとに手で整合性を取っていかなければならなくなった。と、いうことなのでしょうか?

今年は閏年で二月は29日まであったので、一日ずれてしまったようです・・。それても2016年02月の閏年を忘れたカレンダーデータが入っているのか?

今度の四月にどうなるのかが楽しみです・・。

東京都足立区島根。大和湯。

足立区内の銭湯を巡る御湯印帳の期限は終わりましたが、御湯印帳を持っている人が銭湯に行くと、継続してはんこじゃない。御朱印を押してもらえるということなので、ちらほらと銭湯巡りも継続しているのであります。

今回は「大和湯」ということろに行きました。場所を説明すると、東武スカイツリーラインの梅島駅を歩いてまっすぐ北上し、環七を過ぎて約300mって感じでしょうか。徒歩では決して近くはない距離にある銭湯です。
が、そーいうところのほうが多分地元の人に愛されているのでしょうなぁ。

まずは入り口の写真を。

20160305_1

この銭湯は入り口の両側に建物があり、その奥に銭湯があります。

入り口に下駄箱、男女別のトビラがあり、そのトビラを開けるとおやっさんがいました。番台なんだけど、向きが反対で、壁があり、カウンター形式のような感じになっている。なのでおやっさんは実質的には脱衣所の中は見渡せないという、中々面白い仕掛けになっております。
今のトレンドを追いかけた形なのでしょうな。

御朱印を押してもらい、回数券を出してお風呂に入ります。

おやまぁ。脱衣場の中でもほんのりと硫黄の匂いがしますなぁ。と、いうことはこの銭湯も「いこい湯」と一緒で草津の湯があるのかな?
果たしてそのとおりで、小さい湯船は草津の湯の色をしているのでありました;-)。

この銭湯、右側の湯船は草津の湯、左側はその二倍ほどあるメインの湯です。ジェットバスとかマッサージ湯はありません。

あと、壁絵は男湯と女湯を分けている壁の部分にあるだけで、奥の大きな壁絵はなく、岩がありました。

シャンプーとボディソープは備え付けなのでタオル一本で入りに行くことができます。

それにしても熱い湯に感じたのですが、温度計を見ると42,3度だったのでそんなに熱くはないと思えるのですが、今回はずいぶんと熱い湯に感じましたなぁ。気温が暖かくなってきているからなのかな?

風呂から上がると火照ったからだは縁側で湯冷ましすることができます。喫煙所とトイレとセットになっているのですが、今回はどちらも利用している人がいなかったので、じゅーぶんに湯冷ましするのでありました。ビールがあったらよかったのになぁ。などと思ってしまいました;-)。

 
さてさて。この銭湯、裏手に回ると煙突をじっくり見ることができます。また、触ることもできます。今までに無い銭湯ですね。

20160305_2

銭湯の煙突はそんなに高くはないです。太くてドッシリしたタイプの煙突ですね。

煙突までじっくり観察して、草津の温泉に入ってホッと一息の風呂あがりなのでありました。今回は近所の飲み屋には行かず、近所のコンビニで缶ビールを買って飲んで、ぷはーっ!!となってしまった;-)。

 
GPSポイント: 35.781419,139.797968
営業時間: 15:45-22:00
日帰り料金: 460yen (銭湯の価格)

春画。

本棚を整理しようなカテゴリです。今回読了したのは椎名誠の「春画」です。タイトルからして怪しいですが;-)。
著者の私小説系の一冊です。とわ言っても以前の「岳物語」のようなほのぼのとした感じはあまり感じられません。

20160302_1

著者も家族もそれぞれに年を重ねてきた感じが伝わってきます。家族がアメリカで過ごしたことが二話あります。

著者の数ある私小説な本のうち、もしかしたら、僕が買った最後の本なのかもしれません。

 
この本は渋谷で購入したようです。当時の僕は既に渋谷の会社に勤務していた。と、いうことですね。僕は新宿がメインで、一つの会社でですが、新宿三丁目から東京ガスのビルの33階のオフィスで働いたりと、当時はずっと新宿にいたんですけどね。

本は文庫ですが2004年02月に初刷りのようです。既に10年以上前の本ですね。