月刊アーカイブ

  • 2017 (14)
  • 2016 (58)
  • 2015 (75)
  • 2014 (75)
  • 2013 (79)
  • 2012 (71)
  • 2011 (75)
  • 2010 (104)

筆者プロフィール

名前は「たかちゃん」とか「たかじろう」などと呼ばれています。

長野県須坂市生まれですが、ここ数年は埼玉県と接している下町に棲んでいます。

この「よろずなブログ。」の他に食べ物系をメインとする「もつ焼き・オリジナル」と、PC・OS・コンピュータ全般のネタをメインとする「かけまわる子犬。」の三つを使い分けつつ継続して書き連ねています。

宜しくお願いします。






アラスカ 永遠なる生命。

本棚を整理しようカテゴリーです。今回読了したのは星野道夫の「アラスカ 永遠なる生命」。

この本は文庫本の大きさの写真集のような感じです。写真と文章からなる一冊です。

紙質が良いのと、写真はオールカラーなので文庫本としてはちょっと高めの、2003年6月発売で800yenのようです。

著者の以前に発表されたエッセイ・写真を再構成した一冊です。なるほど。この間読了した著者の本「旅をする木」の一部も引用されているようです。

写真が綺麗で、文章が上手なのでグイグイ引き込まれていきます。そして、『これは、早いうちにアラスカに一回行っておかなければなるまい。』などと思ってしまうのですけども、あれ?ちょっと待てよ。そー言えば以前読んだ「蚊學の書」には『アラスカは蚊の王国である。』みたいなことが書いてあったような気が・・。しかし、著者の本にはそんなことは全く書いてない。今のところ、まだその辺りが書かれている一冊は読んでないですねf(^^;;。

しかし、まぁ、本当にアラスカには一回行ってみたい。写真が綺麗な一冊なのであります。

鉄道のすべてがわかる辞典。

『本棚を整理しよう』カテゴリーです。
今回読了したのは川島令三・岡田共著の「鉄道のすべてがわかる辞典」です。本誌中の言葉を借りるとすると鉄道趣味な人々のための一冊。と、いう感じでしょうか;-)。

しかし、タイトルにもある通り、この本は”辞典”です。読み物系の本ではなく、辞書に近い編集がされています。が、読み進んで行っても、フツーに読める一冊で、まぁ、ライトな鉄ちゃんには楽しく読めるのではないかと思われます。

しかし、時があまり大きくないのと、それなりにちょっと厚めの本なので読み終わるまでに多少時間がかかってしまいました。

 
著者の本はこれで三冊ほど読了しました。まだ、本棚にもう2,3冊あったのではないかと思われますが、今後更に読み進めて行きたいと思います。

静岡県・富士市。ヤリイカ釣り。

今日は今シーズン初のヤリイカ釣りに行ってきました。今の時期ですと、千葉県の白浜沖などはまだ早い(数的にも大きさ的にも)ので横須賀辺りに行ったりもするのですが、去年からヤリイカやスルメイカがあまり釣れない時代に突入しております。

個体数が少ないのかもしれないですが、沖にはサメが多い。みんなサメに食べられてしまっているのかなぁ?

と、いうことで、今回は駿河湾を目指しました。関東近辺でヤリイカ釣りをする人にとってはメッカですね。石花海(『せのうみ』と読みます)に行ってきました。
僕的には二回目です。前回は沼津の舵丸で行きました。それ以来になります。

今回利用した船宿は田子の浦港の海渡丸を利用しました。船宿に04:10くらいに集合。出船は05:00頃ですが、今日は集まりが良く、多少早い出港となりました。
ちなみに家を出たのが01:30くらい。田子の浦港の船宿前に着いたのは03:50頃でした。

今回の船は、定員が全部で10名です。席が一個空いていましたが片側五名なのでゆったりです。席は早い者順ですが、片側五名なので絶対にトモやミヨシに座りたい。って人以外でも余裕ですね。

準備が整って船は出港。一路石花海を目指します。石花海に着くまでキャビンでほとんどの人が寝ます。毛布はあります。「舵丸」ではカプセルホテルのようなキャビンでしたが、この船は広いキャビンに雑魚寝。という感じです。それでも往復でグッスリと寝てしまいましたf(^^;;。

 
船は石花海に付きましたが07:00まで時間がちょっとあるので『待ち』です。周りを見回すと船がドドドといます。どこからこれだけの船が集まるのだっ??!! というくらいたくさんいます。そして07:00になると各船、各釣り人がいっせいに錘を海の中に投げ入れるのでありました。

今回の漁場はこの辺りのようです。

SoftBank の電波が圏外になっていたので多少ずれているかもしれませんが、『ふむ。この辺りが石花海なのね。』って感じが解ります。そして、確かに海溝のヘリの部分で釣っているようですね。
本当はもっとあちこちで釣ったのですが、尺図が小さいのでピンの位置が集約されました。

 
さてと。今回の釣果ですが、ふむ。確かにサメに邪魔されまくります。僕はサメにヤリイカ五杯(二点がけとかあったので)、錘一個を持って行かれました。
ツノにかかったヤリイカをサメが持っていくと

・ツノにイカの体半分もしくは足が残っている
・ツノ自体持っていかれる
・仕掛け自体を持っていかれる

ので、比較的数が解りますf(^^;;。

で、釣果ですが、今回はヤリイカ13ハイだったのであります。サイズは15cmから40cmくらいのもので、中サイズから大サイズのものが比較的多くてまぁまぁの釣果だったと思います。

極めつけは、13:00五分前ころになって船長が「はーい。あと五分で終わりにしましょう。」と、いうところで『ふむ。』などと思っているとグググと重くなり、最後の三分でなんとっ!!仕掛けにヤリイカが三ハイ付いていました。ふぅ。助かったぁ。と、いうか嬉しかったですねぇ;-)。

 
と、いうことで今シーズン初の石花海でのヤリイカ釣りはつ抜けたところで終了となったのでありました。

年内はもう終わりかな?もう一回行くかな?

と、いう感じですが、考えてみたら、冷凍庫にそこはかとなくイカがたくさ。な状態なんだ・・f(^^;;。