月刊アーカイブ

  • 2017 (48)
  • 2016 (58)
  • 2015 (75)
  • 2014 (75)
  • 2013 (79)
  • 2012 (71)
  • 2011 (75)
  • 2010 (104)

筆者プロフィール

名前は「たかちゃん」とか「たかじろう」などと呼ばれています。

長野県須坂市生まれですが、ここ数年は埼玉県と接している下町に棲んでいます。

この「よろずなブログ。」の他に食べ物系をメインとする「もつ焼き・オリジナル」と、PC・OS・コンピュータ全般のネタをメインとする「かけまわる子犬。」の三つを使い分けつつ継続して書き連ねています。

宜しくお願いします。






バイクで越えた1000峠。

本棚を整理しようカテゴリーです。今回読了したのは賀曽利隆の「バイクで越えた1000峠」です。
著者については、趣味がバイク乗りの人じゃない人はあまりご存じではないかもしれないですね。

僕はその昔、オフロードバイクに乗っていたというのはこのブログで何回か書いているのですが、この本の著者も海外、そして国内でオフロードバイクを操り、峠を走り、温泉に入り続けているのであります。

さすがに1000峠は僕も越えたことはないですが、オンロードな峠を越えるのも良いですが、ダートをひたすら走って峠を抜けるのも好きです(だった)ですね。

峠の他は温泉についても書かれていますが、一日に10も温泉に入ったことはさすがに、僕はないですが、僕の入ったことがある温泉も何個か本文中に登場してきました。

 
この本が文庫になったのは1998年 8月なので、もうずいぶんと前の話ですねぇ・・。僕がオフロードバイクをバリバリ乗っていた頃と時期が一緒です。

懐かしい、一冊なのであります;-)。

栃木県那須郡那珂川町。ゆりがねの湯。

今週は温泉のハシゴです。前日の土曜日は喜連川温泉のいつもの湯に入りました。そのまま野宿し、ズズズと横に移動して那珂川まで来ました。川のほとりには温泉街があるんですねぇ。喜連川からはそんなに遠くない距離です。その割には今回始めて馬頭温泉に行きました。

日帰り入浴が可能な温泉施設である「ゆりがねの湯」というところで温泉を楽しみました。

開店時間が10:00だったので、大体10:30頃に到着。建物の中はひっそりと静まり返っていて中々よい雰囲気です。ギャーキャーうるさい温泉よりも落ち着きますね。

大きな内湯と露天風呂があります。内湯はガラス張りで那珂川が一望できるロケーションです。中々良い感じです。
露天風呂に出ると、ホッと一息。こちらもロケーション最高っ!! で、行ったときは涼しい風が抜けていたので火照った体を冷まします。

露天風呂の片隅では地元のおじいさん方が、何やら話しています。方言がすごいですね。『〜〜だっぺ。』など会話しています。いやぁ。僕自身も田舎者なのですが、話が流れてくるだけでもここち良い雰囲気になるのでありました。

 
11:00からは温泉施設内にある食堂がオープンです。
で、その上(二階)には休憩室があるのですが、こちらも覗いてみましたが、人がまばら。いやぁ。静かな温泉です。

温泉の係の人曰く『今日は午前中は静かだけど、午後から忙しくなるかもねぇ。』などと申しておりました;-)。

 
静かな温泉と言えば伊豆の「白岩の湯」も静かで、ほっと一息しつつ入れる温泉なのですが、ここも負けず劣らずのホッっとできる温泉だったのでありました。

もしかしたら、僕が行ったときがたまたま偶然そうだっただけかもしれませんが;-)。

 
GPSポイント: 36.777583,140.137011
営業時間: 10:00-17:00
日帰り料金: 500yen