月刊アーカイブ

  • 2018 (21)
  • 2017 (55)
  • 2016 (58)
  • 2015 (75)
  • 2014 (75)
  • 2013 (79)
  • 2012 (71)
  • 2011 (75)
  • 2010 (104)

筆者プロフィール

名前は「たかちゃん」とか「たかじろう」などと呼ばれています。

長野県須坂市生まれですが、ここ数年は埼玉県と接している下町に棲んでいます。

この「よろずなブログ。」の他に食べ物系をメインとする「もつ焼き・オリジナル」と、PC・OS・コンピュータ全般のネタをメインとする「かけまわる子犬。」の三つを使い分けつつ継続して書き連ねています。

宜しくお願いします。





長い旅の途上。

本棚を整理しようカテゴリーです。今回読了したのは星野道夫の「長い旅の途上」です。僕の本棚にある、著者の本はこれが最後です。全て読了しました。

この本は著者の遺稿集として編集されているので、著者の今まであちこちに書いた文章が一冊にまとまったものとなっています。
確かに何回か読んだことのある文章に出会うページもありました。が、それはそれで、復習的な要素もあって良いのではないかと思われます。

本は文春文庫から出ていますが、考えてみると、植村直己氏もこの本の著者も文藝春秋と深く関わっている部分があるのだなぁ。などと僕個人的には思います。そして、二人とも今はこの世にはいない。

この本の編集後記などを眺めているとそんな感じになってしまうのでありました。