月刊アーカイブ

  • 2018 (21)
  • 2017 (55)
  • 2016 (58)
  • 2015 (75)
  • 2014 (75)
  • 2013 (79)
  • 2012 (71)
  • 2011 (75)
  • 2010 (104)

筆者プロフィール

名前は「たかちゃん」とか「たかじろう」などと呼ばれています。

長野県須坂市生まれですが、ここ数年は埼玉県と接している下町に棲んでいます。

この「よろずなブログ。」の他に食べ物系をメインとする「もつ焼き・オリジナル」と、PC・OS・コンピュータ全般のネタをメインとする「かけまわる子犬。」の三つを使い分けつつ継続して書き連ねています。

宜しくお願いします。





やっとこなあのぞんぞろり。

本棚を整理しよう。カテゴリーです。今回読了したのは椎名誠の「やっとこなあのぞんぞろり」です。この本を買った当時、『わぁい。シーナ誠の新しい文庫本だぁ。』などと思い読み始め、最初の2,3ページで『あれあれ?なんか、既に読んだ記憶が・・。』などと思うのですが、解説を読み、一番最後に・・。

をいをい。「むはの迷走」を文庫に入れたときに改題したのかよぉ・・。もう「むはの迷走」は既に持っていて、そして、既に読了しているよぉ・・。角川めっ!! 全くっ!! などと思った一冊です。

その、文庫本版の方を今回読了した。と、いう状態なんですけども。

考えてみると、仕事が変わって、電車に乗るタイミングがずれ始め、本よりも面白いのが出始めたのと時期的に重複しているので、この本が出た辺りからめっきりと文庫本の購入はなくなりつつ。って感じですね。
まぁ、更に追い打ちをかけるように、この辺りから文庫本が500yenを越えるようになり、買うのがバカバカしくなっていて、かつ、角川の、既に読み終わった本を改題して出す。と、いう小キタナいやり口にウンザリして更に文庫本から離れていった時期でもあるかと思われます。

 
そーいうのもひっくるめて、随分と懐かしい思いで読んだ一冊だったのであります。

 
え?本の内容は? だって?

文庫買って読んでください・・。

コメント

HTML タグが使えます。

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  

  

  

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください