月刊アーカイブ

  • 2018 (21)
  • 2017 (55)
  • 2016 (58)
  • 2015 (75)
  • 2014 (75)
  • 2013 (79)
  • 2012 (71)
  • 2011 (75)
  • 2010 (104)

筆者プロフィール

名前は「たかちゃん」とか「たかじろう」などと呼ばれています。

長野県須坂市生まれですが、ここ数年は埼玉県と接している下町に棲んでいます。

この「よろずなブログ。」の他に食べ物系をメインとする「もつ焼き・オリジナル」と、PC・OS・コンピュータ全般のネタをメインとする「かけまわる子犬。」の三つを使い分けつつ継続して書き連ねています。

宜しくお願いします。





本の雑誌風雲録。

さてさて。ここまでで、椎名誠青春三部作から続く本をドドドと読んでいたんですが、ひとまず収束しました。しかし、本の雑誌社の社長が似たようなことを目線を変えて本にしているんですね。

今回読了したのは目黒考二の「本の雑誌風雲録」。

著者曰く、本の雑誌のできるまでは椎名誠が書くだろう。僕は配本部隊のことを一冊の本にまとめておきたかった。と、あとがきに書いています。まさしくそんな感じが全面に出ている一冊です。

20141105_1

たくさんの本の雑誌に携わった人々について、椎名誠は編集者の目線から、目黒考二は社長及び配本部隊からの目線から。

ところで話的には全然関係ないけど「目黒考二」の”こうじ”はATOK for Macでは一発変換してくれないし、辞書登録もされてないねぇ。珍しい漢字の並びの”こうじ”なのかな?

と、いうことで、これにて本当に青春三部作から、本の雑誌ができるまでのころについて書かれた本は全て読了しました。このあと、僕は本を買わなくなってしまったんだけど、更に続編は出ているのかなぁ?

コメントが 3 件あります。本の雑誌風雲録。

コメント

HTML タグが使えます。

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  

  

  

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください