月刊アーカイブ

  • 2018 (21)
  • 2017 (55)
  • 2016 (58)
  • 2015 (75)
  • 2014 (75)
  • 2013 (79)
  • 2012 (71)
  • 2011 (75)
  • 2010 (104)

筆者プロフィール

名前は「たかちゃん」とか「たかじろう」などと呼ばれています。

長野県須坂市生まれですが、ここ数年は埼玉県と接している下町に棲んでいます。

この「よろずなブログ。」の他に食べ物系をメインとする「もつ焼き・オリジナル」と、PC・OS・コンピュータ全般のネタをメインとする「かけまわる子犬。」の三つを使い分けつつ継続して書き連ねています。

宜しくお願いします。





長野県高山村。山田温泉。

なんと。ついこの間
実家に帰ってきたばっかり
なのに、ヤボ用でまたまた帰ってきました。
ドタバタしていたので温泉に入る機会もなかったのですが、空き時間を見つけだして温泉に行ってきました。

行ったのは長野県上水内郡高山村の「山田温泉」。ここの「大湯」と言うことろに入りました。と、言うか、ここは僕が小学生の頃から通っているので勝手知ったる温泉なのであります。

高校生になって(こっそり)原付の免許を取得した後は、やはり原付の免許を取った同級生と良く来たものです。ちなみにうちの田舎、当時は「三無い運動」の真っ最中。バイクに乗らない・乗せない・免許を取らせない。だったかな。

話がそれましたが;-)。

20101003_1.jpg

今では立派な建物で、入場料300yenほど取りますが、建て替える前の、うんと昔は入り口に箱があるだけで、そこに20yenもしくは近所のお土産屋さんで入場券を購入して入る。と言う、本当にのどかな温泉だったのであります。

当時は確か、脱衣所も湯船に面してあったりして、ほんとうにサクっと入ってサクッとでる。みたいな。この「大湯」のそばには地元の人しか入れない温泉がもう一個あります。こちらは今でも脱衣所と温泉が向かい合っているタイプの温泉です。けど、こっちも4,5年前に建て替えられたかな。

後、お湯は昔のほうが湯ノ花が多かった。まぁ、その分歴史が刻まれているんだとは思いますが。今のはまだ湯ノ花は随分と少ないですね。今後もっと年輪を重ねていってもらいたいです;-)。

ここの泉質は硫黄系ですが、それなりに透き通っています。湯ノ花ってのがどーいうのか、目視により確認できると思います;-)。

後、体を洗うところの蛇口は中々面白いです。どういったものか、行って是非体験してみてください;-)。

20101003_2.jpg

この高山村にはまだまだたくさんの温泉があります。僕は既に全部制覇しているのですが、再度訪問し、機会があればここに掲載していきたいと思います;-)。

あ。ちなみにこの「大湯」朝 06:00 から 21:00 までやっているので、時間を気にすることなく温泉に入る事ができます。それも嬉しいことですね。

GPSポイント: 36.670622,138.424902
営業時間: 06:00-21:00
日帰り料金: 300yen