月刊アーカイブ

  • 2018 (21)
  • 2017 (55)
  • 2016 (58)
  • 2015 (75)
  • 2014 (75)
  • 2013 (79)
  • 2012 (71)
  • 2011 (75)
  • 2010 (104)

筆者プロフィール

名前は「たかちゃん」とか「たかじろう」などと呼ばれています。

長野県須坂市生まれですが、ここ数年は埼玉県と接している下町に棲んでいます。

この「よろずなブログ。」の他に食べ物系をメインとする「もつ焼き・オリジナル」と、PC・OS・コンピュータ全般のネタをメインとする「かけまわる子犬。」の三つを使い分けつつ継続して書き連ねています。

宜しくお願いします。





攻殻機動隊とクラウド。

「攻殻機動隊」ってアニメがあったりして、僕も随分とハマったものです。

41HPKNTQJRL._SL500_AA300_.jpg

当時(今から3,4年位前かな?)としてはストーリーとか出てくるものとか、非常に画期的だったと思います。が、最近「クラウド」って言葉が出てきて「あれー?攻殻機動隊のはちょっと違ってきたぞぉ。」などと思ってしまうのであります。

例えばタチコマの並列化されたデータは衛星上に置いておく必要は、今はもうなくなって、今で言うところのクラウド上に配置しておけば、衛星が一個落ちただけでタチコマが全滅することは無かったわけですね。

少佐がサイトーと一騎打ちする時、少佐は対スナイパー用の情報を衛星からダウンロードするシーンがありますが、クラウド先のデータの一部が衛星上にあったと仮定したとしても電脳には既に3G用SIMカードスロットがあって、ソフトバンク回線なんかを利用して衛星からダウンロードしているのかもしれないですしねぇ。

「君たちの会話は外部記憶が無いとさっぱり解らん。」と言うのは、S.A.C の最終話における課長の図書館での台詞ですが、この時、課長はクラウド上にある電子書籍のデータを激しく検索したのでしようなぁ。google でも使ったのかな?;-P。

と、言うことで今まで放映されてきた「攻殻機動隊」には「クラウド」と言う概念が全く存在しなかった。「クラウド」と言う言葉自体が最近のものなのですね。次回の攻殻機動隊では「クラウド」と言う言葉がきっと頻繁に使われるに違いない。と、僕は密かに思っているのであります;-)。

コメントが 2 件あります。攻殻機動隊とクラウド。

コメント

HTML タグが使えます。

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  

  

  

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください