月刊アーカイブ

  • 2018 (21)
  • 2017 (55)
  • 2016 (58)
  • 2015 (75)
  • 2014 (75)
  • 2013 (79)
  • 2012 (71)
  • 2011 (75)
  • 2010 (104)

筆者プロフィール

名前は「たかちゃん」とか「たかじろう」などと呼ばれています。

長野県須坂市生まれですが、ここ数年は埼玉県と接している下町に棲んでいます。

この「よろずなブログ。」の他に食べ物系をメインとする「もつ焼き・オリジナル」と、PC・OS・コンピュータ全般のネタをメインとする「かけまわる子犬。」の三つを使い分けつつ継続して書き連ねています。

宜しくお願いします。





ガリコン式映写装置。

本棚を整理している最中です。今回が22冊目。だいぶ読み進んできました;-)。

今回本棚から取り出したのはシーナ誠の「ガリコン式映写装置」。彼自身三作目の映画は「あひるのうたがきこえてくるよ」なのですが、その映画作成と平行して本を書いたという仕上がりです。

20120605_1.jpg

しかしまぁ、映画のことについて語られているのは一番少ない本ですね。残りは彼が映画に込める・感じる思いであるとか、自身が好きなSF映画であるとか、その手のことが書かれています。

この本のメインになったネタの映画は野田智祐氏が千葉県の亀山湖で暮らしていたときのネタがストーリーになっています。でもってロケ地は猪苗代湖の東側にある沼沢湖。ここってこの後、「浮き球三角ベースボールリーグ」のメイン会場と化していくんですよね。色々なところでつながりを感じます;-)。

さてと。この本を読み終わったあと、無性に読みたくなったのが「岳物語」。で、その後は多分、いよいよ「のんびり行こうぜ」になるんだろうなぁ。と自分で思っております;-)。

コメントが 3 件あります。ガリコン式映写装置。

コメント

HTML タグが使えます。

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  

  

  

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください