月刊アーカイブ

  • 2018 (21)
  • 2017 (55)
  • 2016 (58)
  • 2015 (75)
  • 2014 (75)
  • 2013 (79)
  • 2012 (71)
  • 2011 (75)
  • 2010 (104)

筆者プロフィール

名前は「たかちゃん」とか「たかじろう」などと呼ばれています。

長野県須坂市生まれですが、ここ数年は埼玉県と接している下町に棲んでいます。

この「よろずなブログ。」の他に食べ物系をメインとする「もつ焼き・オリジナル」と、PC・OS・コンピュータ全般のネタをメインとする「かけまわる子犬。」の三つを使い分けつつ継続して書き連ねています。

宜しくお願いします。





乾燥わかめ考察。

最近、お昼に通称「マグカップヌードル」みたいなのを食べています。マグカップに入るインスタントラーメンとお湯を入れて味噌汁代わりにズルズルと食べる。と、いう感じでしょうかね。

で、そのとき、ただのマグカップにラーメンだとどうも味気ないので色々なところで買ってきた乾燥わかめを上に投入して通称「わかめラーメン」にしてからズルズルと頂くようにしたのですが・・。

 
ことの発端はそこからです。

会社でお昼ご飯を食べるときに一緒に食べます。ラーメン入れてわかめ入れてお湯を入れた直後の図はこかん感じ。

20150801_1

まず、乾燥わかめをとあるワンコイン(+消費税)のお店で買ってきました。大体30-40gくらい入っている外国産のヤツなんですね。軽いんだけど袋にたくさん入っているのでドバドバとマグカップの中に投入できます。

出来上がりの図はこんな感じ。

20150801_2

ふむ。乾燥わかめもお湯の中に入れて2,3分経つと大爆発ですね。食べ応えありそうです;-)。

 
しかし、問題はここからで、食べ終わると、どーも、マグカップの底に砂粒のようなものが溜まるんですね。
写真的にはこんな感じ。

20150801_3

黒いつぶつぶ状のモノが最後にマグカップの底に溜まるんです。ふむー。大丈夫なのかな?

 
試しに色々な乾燥わかめを試してみました。

・ワンコイン(+消費税)のお店で買ってきた外国産の乾燥わかめ三種類
・スーパーで買ってきた国産乾燥わかめ一種類
・スーパーで買ってきた外国産乾燥わかめ一種類

国産が一個しか無くてサンプルが少ないのだけど、計五種類の乾燥わかめを試してみました。

 
さて。その結果ですが、国産わかめだけは食べ終わったあとにマグカップの底に砂が溜りませんでした。他の外国産わかめはちゃんとどれも底に砂粒が溜まるんですね。ふむ。

今回試した結果から導き出された点をじっくりと考察してみると、

・砂の溜まるわかめは量が多くて安い。
・砂の溜らないわかめは16gで250yenくらい。
・砂の溜まるわかめは袋を開けるとわかめの香りが強烈に広がる。
・砂の溜らないわかめは香りが弱めかな。
・砂の溜まるわかめは量が多いだけあって硬い部分も入っている。
・砂の溜らないわかめは均一な大きさで歯ごたえも均一。

など、なるほど。と思える、相反する結果が出てきました。

例えば、砂の溜まるのと香りが強いというのはわかめを採ったあと、洗う時間と水の量に比例するのかな?と思えてきますね。『ちゃんと洗うと砂粒は除去できるけど、風味が落ちる。』とか、良い部位を均一な大きさで提供しようとすると、それがモロに量に比例する。などなど。

 
どっちが良くてどっちが悪いのか?と、いう判断はあえてしませんが、今回のようにマグカップに直接乾燥わかめを投入する用途に利用する場合には砂の溜まらないわかめを利用したほうが良いでしょうなぁ。

一旦水で戻して自分で良く洗ってから食す場合には砂の溜まるわかめでも問題ないような気がしないでもないような気がします。

大きさが不揃いなのはまぁ、ヨシとしても、硬い芯の部分が入っているわかめは僕の場合は問題外なので、その場合はワンコインで大量に入っているわかめ(50g前後かなぁ)は避けたほうが良いと思われます。

 
たまたまマグカップでラーメンを食べるついでにわかめを投入し、その延長上で色々試してみたのですが、今回のような結果になりました。

皆さんも自分の目で確認してみてください;-)。

コメント

HTML タグが使えます。

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  

  

  

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください