月刊アーカイブ

  • 2018 (21)
  • 2017 (55)
  • 2016 (58)
  • 2015 (75)
  • 2014 (75)
  • 2013 (79)
  • 2012 (71)
  • 2011 (75)
  • 2010 (104)

筆者プロフィール

名前は「たかちゃん」とか「たかじろう」などと呼ばれています。

長野県須坂市生まれですが、ここ数年は埼玉県と接している下町に棲んでいます。

この「よろずなブログ。」の他に食べ物系をメインとする「もつ焼き・オリジナル」と、PC・OS・コンピュータ全般のネタをメインとする「かけまわる子犬。」の三つを使い分けつつ継続して書き連ねています。

宜しくお願いします。





長崎ルパン物語。

比較的濃いぃ本を読了したので、この辺りでちょっとエッセイちっくな本を読みたくなりました。あ。本棚を整理しようなカテゴリのエントリーです。

今回読了したのは木村晋介の「長崎ルパン物語」です。著者の本は過去に何冊か登場していますね。著者の本の読了は今回が四冊目ですかね。

司法試験に合格して長崎で研修している時代のことが書かれている本ですが、他にも短編的なエッセイが掲載されています。

20150821_1

僕は一回だけ長崎に行ったことがあるのですが、イマイチ記憶に無いんですよね。なので、その時を思い浮かべて読んだんですけども。
あ。一点だけ。長崎駅は終着駅なのですが、駅のホームでは『長崎は今日も雨だった』が流れていたと記憶しております;-)。

 
この本の元本は本の雑誌社から出ているのですねぇ。で、文庫本は角川文庫です。この辺りはある意味ゴールデンなコースですね;-)。

解説は嵐山光三郎氏が担当しております。

エッセイに近い本なので、電車の中でサラサラと読み進むことができる本なのであります。

コメント

HTML タグが使えます。

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  

  

  

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください