筆者プロフィール

名前は「たかちゃん」とか「たかじろう」などと呼ばれています。

長野県須坂市生まれですが、ここ数年は埼玉県と接している下町に棲んでいます。

この「よろずなブログ。」の他に食べ物系をメインとする「もつ焼き・オリジナル」と、PC・OS・コンピュータ全般のネタをメインとする「かけまわる子犬。」の三つを使い分けつつ継続して書き連ねています。

宜しくお願いします。





アラスカ物語。

今回読了したのは新田二郎の「アラスカ物語」です。今回の本は硬派でした。前回読了した本が頭がこんがりそうだったのでちゃんとした物語の本をチョイスした。と、いう感じでしょうか。

20150415_1

ちなみにこの本は『無人島に行くときに本棚から三冊だけ本を持って行って良い。』と言われた時に間違いなく持っていく本です。過去に三回くらい読んでいて、今回が、四回目か五回目ですね。それくらい面白い本です。

書かれているドラマとしては

・船から歩いてポイントバローにたどり着いた
・ビロネと結婚
・金山発見
・ビーバー村建設

ふむ。読んでいて次から次へとワクワクしていきます;-)。

 
ちなみに著者の新田二郎については、夢枕獏の「神々の頂き」の文庫本のあとがきに出てきます。「獏さん。ベストセラー作家の椅子が一個空いています。冒険の著者の席が空いています。」と、編集者に言われて夢枕獏氏がこの本を書いた。と、言われていますが、ではそもそも新田二郎という作家はどういう本を書くのだ?と思いたち、この本を手に取った。と、いうことになりますね。

著者の本はあともう一冊「アイガー北壁」も持っています。バリバリの山岳小説ですが;-)。

と、いうことで、この本は読み応え十分。そして、フランク安田のことを知るには十分すぎる一冊です。

コメントが 3 件あります。アラスカ物語。

コメント

HTML タグが使えます。

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  

  

  

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください