筆者プロフィール

名前は「たかちゃん」とか「たかじろう」などと呼ばれています。

長野県須坂市生まれですが、ここ数年は埼玉県と接している下町に棲んでいます。

この「よろずなブログ。」の他に食べ物系をメインとする「もつ焼き・オリジナル」と、PC・OS・コンピュータ全般のネタをメインとする「かけまわる子犬。」の三つを使い分けつつ継続して書き連ねています。

宜しくお願いします。





初めての競艇、平和島。

今日は会社を休んで病院の付き添いに行ってきました。病院は朝から待ち時間が多く終わったのは大体13:00ころ。まぁ、午後も休みなのでせっかく家から遠く離れた大森辺りにある病院に来たのでいっちょ競艇でも行くかねぇ。と、なったのであります。

以前、このブログで大井競馬場に行ってきました。みたいなエントリを書いているのですが、僕がギャンブル好きなワケではなく、一般教養として、競馬場・競艇場・競輪場・オートレース場はどういったものなのかを把握するために行ったのであります;-)。

と、いうことで今回行ったのは平和島競艇場。日本船舶振興会というところがやっているのかな?僕がこどもの頃『戸締り用心火の用心♪ 一日一膳っ!!』とかテレビ CM をやっていたような気がしますが、それが競艇場なのかな?

20130731_1

と、いうことで入場料は100yenを入り口で払い中に入ります。『ふむ。競馬場の入場料よりも安いねぇ。』とか思いつつ。

まずは本日R1からR4までの予想を立ててそれを結果と照らしあわせてみました。ふむ。予想がまぁ、ボチボチ当たっているねぇ。などと思いR5から舟券を買ってみました。

まぁ、ギャンブルをしに行ったのではないので結果はさておき・・f(^^;;。社会見学の一環だったので場内を色々徘徊してみました。

夏は暑いので池というか、運河というかコースの縁には人がいないですね。舟券を購入する辺りの涼しいところで待機します。出走間近になるとワラワラと人がコース脇に現れる。という感じでした。

室内の観戦所は三階にあります。予約席ではないところはフツーの人も出入り自由。でもってクーラーがガンガン効いていて過ごしやすかった。と、いうか、ほとんどの人がここにいるのねぇ。って感じで。

夏の暑い時期に平和島競艇場に行った場合、三階の一般席で涼しく見るのが良いと思います;-)。

20130731_2

レースのとき舟は全部で六隻。 “白黒赤青黄緑” が “123456” でした。 Windows の色に白と黒を足したんだねぇ。みたいな;-)

大森駅からは無料送迎バスが出ているのでアクセスは良いです。でもって競艇場に入る前に駐車場兼用の建物の中にスーパーとかあるのでそこでビールを買ったりして持ち込んでも OK。あ。けど、場内には色々なお店があるのでそっちで食べたり飲んだりしたほうがフーリューかも;-)。レースに当たっても当たらなくてもそこはかとなく楽しめますね。

あ。舟のエンジン音ですが、オートレースのバイクの音よりも静かですね。コースの真ん前にマンションがドドドと立っているのもまぁ、『平和島競艇の風景』なのでしょうなぁ。

20130731_3

と、いうことでレース結果がボロボロだったので今から大森まで行って、イッパイやるかねぇ・・。

中々楽しい社会見学な一日だったのであります;-)。

コメントが 1 件あります。初めての競艇、平和島。

コメント

HTML タグが使えます。

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  

  

  

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください